最高級個室焼肉yamazon、焼肉とフレンチが融合したシェフお薦めコースの提供を開始。

公開日: 大人, 新メニュー, 関東

ネクストイノベーション株式会社(本社:東京都渋谷区桜丘町/代表取締役:山下大介)は、同社が運営する最高級個室焼肉「yamazon(ヤマゾン)」にて、焼肉とフレンチが融合したシェフお薦めコース(税抜10,000円)を提供することを発表した。

_MG_7594[1]

【日本一高い焼肉屋】
同店では、“焼肉店史上最上級の肉“に拘り、米沢牛をはじめ山形産A5和牛の中でも脂肪交雑(サシのレベル)10番以上に限定して仕入れを行っている。最上の霜降り部位と共に、あえて多様な赤身部位をメインにして提供するため、存分に引き出された肉の魅力を堪能することができる。
_MG_7778[1]

中でも、トップクラスの「肉質」と「風味」を兼ね揃えた最高品質のリブロース「まるごとリブロース(200g/9800円)」や、トリュフ塩で味わう最高級部位の「シャトーブリアン(100g/16,000円)」、食べ応えのある「究極ハラミ(100g/10,000円)など、美味しい肉を食べ慣れてきた肉マニアも唸る、最高級和牛の究極の部位が人気となっている。
_MG_7758[1]

【焼肉店の常識を打ち破る本格的フレンチとの融合】
同店では、フランス人シェフに師事し「青山カシータ」他で料理長として腕を振るってきたシェフ・岡田英明が料理を担当。フレンチ、イタリアンとフュージョンさせたモダン焼肉が堪能できる。
_MG_7682[1]

シャンパン、ワインはシャンパーニュ騎士団(騎士シュバリエ)の称号をもつスタッフが厳選。サロンやアンリジロー、オーパスワン、ムートンをはじめ、話題のワインを限りなく仕入れ価格に近い価格で提供する。
_MG_7527[1]

《シェフ 岡田英明》
1970年、岡山県出身。フランス人シェフ アンドレ・パッション氏の経営する「RESTAURANT ILE DE FRANCE」を皮切りに、フランス人シェ
フに師事する。その後、青山のリゾートレストラン「カシータ」にてGM料理長を務め、横浜モノリス、BLT STEAKの立ち上げに料理長として参加。
料理はフランスの家庭料理からガストロノミー、イタリア、スペイン料理等幅広い料理を作る事が出来る。
_MG_7554[1]

《チーフマネージャー兼ソムリエ 龍 愼一》
ホテル専門学校を卒業後、大阪コクサイホテル入社。リーガロイヤルホテル東京では、28歳という若さでリーガロイヤルホテル史上最年少
のマネージャーに抜擢される。2014年フランスのシャンパーニュ騎士団よりシュバリエ「騎士」の称号を叙任。現在に至る。
HBA認定 シニアバーメン、SSI認定唎酒師、シャンパーニュ騎士団 シュバリエ。

【シェフお薦めコース 焼肉とフレンチが融合した”モダン焼肉”コース】
■価格:10,000円(税抜)
[アミューズ]
本日のアミューズ
[冷前菜]
本マグロのカルパッチョ ~自家製のセミドライトマトとバルサミコビネガー~
[温前菜]
フランス産フォアグラのソテー ~ラズベリーソース~
[スープ]
本日のスープ
[焼肉]
US牛タン/本日の厳選赤身2種/本日の厳選霜降り2種
[食事]
ビーフ&ガーリックライス
[デザート]
本日のデザート
_MG_7601[1]

【焼肉yamazon 店舗概要】
■住所:東京都渋谷区渋谷1-6-11 Qビル1F
■電話:03-6805-0486
■アクセス:渋谷駅徒歩6分
■定休日:毎週日曜日
■営業時間:
[ランチ] 月~土11:30〜15:00(LO14:00)
[ディナー] 月~金18:00~23:30(LO22:30) 土18:00~23:00(LO22:00)
■店舗面積:24席(半個室4部屋 完全個室2部屋)
■平均予算:ランチ2,500円/ディナー15,000円
■URL:http://yamazon.jp/
_MG_7594[1]
COPYRIGHT © YAKINIKU YAMAZON

ケンタッキー、新サイドメニューの「えびサクサクフライ」が数量限定で登場。

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は、新サイドメニュー「

記事を読む

ケンタッキー、オリジナルチキンや人気サイドメニューが詰まった「ケンタお重」3種を数量限定で販売。

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社は、「ケンタお重」3種

記事を読む

ほのぼの横丁全店「レモンサワー1杯100円(税抜)」企画開催、2017杯チャレンジ公約で実現。

株式会社コロワイドのグループ会社である株式会社コロワイドMDは、運営する「川崎のれん街 ほのぼの横丁

記事を読む

干支“酉から戌(トリカライヌ)”を“鶏辛いヌードル”にかけた年跨ぎカップめんが登場。

エースコック株式会社は、「トリ」年から「イヌ」年への年跨ぎをカップめんで表現しようと「トリカライヌー

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑