味の民芸、大感謝祭「手延うどん 食べ放題」フェア開催。

公開日: ニュース

味の民芸フードサービス株式会社(本社:東京都立川市、 代表取締役社長:大西 尚真)は、手延べうどんの和食ファミリーレストラン『手づくりうどん 味の民芸』において、2015年夏の大感謝祭の最終企画として、『手延べうどん 食べ放題』フェアを実施することを発表した。手打ちうどんとは違う手延べ製法のうどんを楽しむことができる。

s_img_71255_1

【うどん食べ放題商品詳細】
■商品内容:季節の天ぷら付セイロうどん食べ放題
※季節の天ぷら(海老天、鶏ささみ天、さつまいも天、かぼちゃ天、なす天、モロッコいんげん天)
■販売価格:1,280円(税込1,382円)
■実施店舗:「手づくりうどん 味の民芸」の一部店舗除く全国51店舗

【手延べ製法とは】
小麦粉に水と塩を加えこねた後、一本の長い棒状に仕上げ、この棒状のような生地を少しずつ、何度にもわけて延ばし、うどんや素麺の太さに仕上げる製法である。この手延べ麺をつくるためには、生地づくりから麺の完成までにおよそ、10時間以上が必要。

【手延べうどんの特徴】…”絹ごし”食感
食感は軟質で弾力がありややモチモチとしている。同時に包丁を使わずに、延ばし続けて作るため、表面はツルツルとしており、喉越しを楽しむことができる。
手打ちうどんは、麺が太めで硬質な弾力を持つ力強いコシが特長である事から、両者を比較して讃岐(手打ち)の男うどん、備中(手延べ)の女うどんという言葉もある。

【だしにもこだわり】
味の民芸では最高級と言われる『利尻昆布』と4種の削り節を使用し、毎日店舗で手づくりだしが作製されている。ツルツル食感の手延べうどんとの相性を大事にした、日本の伝統だしのこだわりが詰まった各種のつゆが作製されている。

【手づくりうどん 味の民芸について】
関東地方を中心に、西は岡山まで全国55店舗を展開する、手延べうどんと和食のファミリーレストランである。倉敷をイメージした白壁調の建物と、和モダンをイメージしたおもてなし空間において、手延べうどんや信州そば、各種和食メニューが提供されている。

s_img_71255_2

ココス 全580店舗を全席禁煙化 子連れ客集客や労働環境改善へ 2019年9月末までに全店舗で実施

株式会社ココスジャパン(代表取締役社長:池田安希子 本社:東京都港区)が全国に展開するファミリーレス

記事を読む

外食実施率上昇傾向 3月では過去最高 和食料理店や焼肉・ステーキ業態が伸び

株式会社リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」(h

記事を読む

新生「キリンレモン」発売約1週間で1,000万本を突破 年間目標販売数の約3割に到達

キリンビバレッジ株式会社は、4月10日(火)に発売した「キリンレモン」(450mlPET)が、発売か

記事を読む

ダイバーシティ東京、ここでしか味わえない限定プリンなど「ご当地プリンフェス」を開催。

ダイバーシティ東京 プラザでは、開業6周年を記念し、昨年連日行列ができ大盛況となったご当地プリンを集

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑