デニーズ、肉粒感をアップした大麦牛100%ハンバーグで夏のフェア開催。

公開日: 全国, 新メニュー, 男飯

デニーズ(株式会社セブン&アイ・フードシステムズ/東京都千代田区)は、2016年7月5日(火)より全国のデニーズで「夏のハンバーグフェア」を開催することを発表した。

香味野菜と刻み長芋の和風おろしハンバーグ 899円

s_main
今回のハンバーグフェアより、大麦などを原料とした飼料で育てられた「大麦牛」を100%使用した大麦牛100%ハンバーグをさらに美味しく改良。使用する部位や肉の挽き方にもこだわり、ダイナミックな肉粒感と奥行きのある味わいを表現。噛むたびに広がる牛肉本来の旨味を存分に楽しめるようになっている。
夏にぴったりの爽やかな仕立ての新作4品を含め、大麦牛100%ハンバーグメニュー5品、ジューシーさとふっくらとした食感が人気の合挽きハンバーグメニュー5品の全10種の美味しさを取りそろえたフェアとなている。

焼きチーズハンバーグナポリタン~目玉焼き添え 970円

s_sub1

肉粒感アップ、さらに美味しくなった《大麦牛100%ハンバーグ》 4つのおいしさの理由
おいしさの理由1【部位にこだわる】
使用する部位を4つに限定し、赤身の旨味・脂身のコク・食感を最大限引き出すよう絶妙なバランスで練り合わせた。

おいしさの理由2【挽き方にこだわる】
使用する赤身肉のほとんどを粗めにカットすることでダイナミックな食感に。肉粒感がさらにアップ。

おいしさの理由3【素材の新配合】
じっくりあめ色になるまでソテーした玉ねぎと、大き目にカットした玉ねぎソテーの2種類を配合。
口にいれるとほぐれやすく、味に奥行きを持たせた。
おいしさの理由4【こねる時間にこだわる】
ハンバーグをこねる時間は数秒ずれるだけで違った食感になっている。ベストな時間の検証を繰り返している。

柚子胡椒と自家製ポン酢のさっぱり大麦牛100%ハンバーグ 1,207円

s_sub3

美ら島あぐー豚の焼肉&おろしハンバーグ 1,274円

s_sub2

タリーズのパフェが復活 7種の食材を重ねた大人気商品 新たなフレーバーも仲間入り

タリーズコーヒージャパン株式会社(以下:タリーズコーヒー)は、「T’sパフェバート ストロベリー」

記事を読む

ソルビンの人気No1メニュー“きな粉餅”がシェイクに 抹茶やグラノーラなど3種が登場

韓国でかき氷ブームを巻き起こしたコリアンデザートカフェ「SULBING(ソルビン)」では、SULBI

記事を読む

ローソン 香ばしい生地に濃厚なクリームの「こだわりたまごのカスタードシュークリーム」発売

株式会社ローソンは、2018年4月24日より全国のローソン店舗で「こだわりたまごのカスタードシューク

記事を読む

かつや 白髪ねぎに特製塩だれが相性抜群の「ねぎ塩カツ」を丼と定食で数量限定発売

とんかつ専門店「かつや」を展開している株式会社かつやは、本日、2018年4月20日(金)より国内にお

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑