養老乃瀧“伝説”の「養老牛丼」が3日間限定で復活。当時と同じ200円で提供。

公開日: イベント, 男飯, 関東

養老乃瀧株式会社は、かつて提供していた「養老牛丼」を養老乃瀧 池袋南口店にて、2016年11月15日(火)~17日(木)の3日間、復刻限定販売を行うことを発表した。

s_sub3

養老乃瀧グループでは、1977年より昼間は牛丼、夜は居酒屋という営業スタイルで販売を行っている時期があり、中には「養老牛丼」の専門店までもが出店されていた時代もあるという。既に、「養老牛丼」の販売を終了してから十数年と久しい中、養老乃瀧グループとして60周年を迎え、「養老牛丼」を懐かしむ声に応え、今回、「養老牛丼」を限定で復活販売する。
s_sub1
味付けは当時のレシピを基に再現を行っており、あっさり上品な優しい仕上がり。価格は、牛丼営業を開始した当初の価格「200円」にて期間中、各日100食、合計300食限定で提供する。
s_main
今年60周年を迎えるにあたって今年4月より実施している60周年企画「仲間酒場宣言」プロモーションの一貫となっている。

■『養老牛丼 復活!』実施概要
販売品目: 養老牛丼  200円
※各日100食限定 合計300食
※テイクアウトのみ。
実施店舗: 養老乃瀧 池袋南口店
※当日は1Fエントランスでの販売
販売期間:2016年11月15日(火)~17日(木)の3日間 各日とも正午より販売開始
s_sub2
注意:予約での販売なし。テイクアウト限定での販売。各日100食限定の為、一人4食分まで。

60周年コンセプト「仲間酒場宣言!」は、養老乃瀧は今年で60周年を記念して、年間を通じて開催しているキャンペーン。これまで養老乃瀧は、「大衆酒場」を合い言葉に、誰もが気兼ねなく、心地のよい時間を過ごせるためのお店づくりに取り組んできた。そして、2016年にチェーン展開60周年を迎えるにあたり、「仲間」をテーマに掲げ、友人、同僚、家族など、気心知れた人と、ゆったりと楽しい時間を堪能できる居酒屋として、さらなる「大衆酒場」の体現と進化を目指していきたいとしている。

すた丼屋、“五月病”を吹き飛ばすスタミナのトリプルコンボが新登場。

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークスは、2018年5月1日

記事を読む

ステーキスタンドカマクラ、肉好きのためのSTEAK FAN’S DAYを開催。

ベイクルーズグループの株式会社フレーバーワークスが運営するカウンターメインのステーキスタンド「J.S

記事を読む

岡むら屋、驚きの創作料理「ニラ玉豚めし」が期間限定で販売開始。

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、アークダ

記事を読む

ライトアップコーヒー、シングルオリジンコーヒーが1日限定で飲み放題。

ライトアップコーヒー下北沢店では、2018年4月29日にオープンから1周年を記念して、全てのコーヒー

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑