ミシュラン掲載もあり得る高水準な淡麗系「麺屋さくら井」、隙なし無駄なしの秀作ラーメン誕生。

公開日: ラーメン, 関東

ラーメン官僚(田中一明)の「麺レポ!」

田中一明[著・写真]/ GourmetBiz編集部[編]

東京・三鷹「麺屋さくら井」、JR三鷹駅から徒歩10分程度の閑静な住宅街に、2016年11月17日にオープンした新店舗。
オープンから数日にして、ラーメン好きの間で美味いとの評判が拡がり、早くも行列が出来始めている注目店である。
基本メニューである「らぁ麺(醤油)」を味玉トッピングでオーダー。

まずは一言、これは美味い、文句なしに美味い!!
控えめに申し上げても、間違いなく、私が今年いただいた都内の清湯醤油ラーメンの中で五指に入る水準の高さだ。
はかた地鶏のガラ、大山鶏の丸鶏をフル活用したスープは、スッキリと寸分の無駄もなく鶏の滋養味が抽出されたバランス力に秀でた味わい。

また、スープもさることながら、液状油の使い方が抜群に上手い。この液状油が、スープに含まれる動物系素材のエキスと見事に呼応し、極めて惹きの強い味を生み出す原動力となっている。

麺は名門「三河屋製麺」製のストレート。この麺の麺肌が特筆すべきほどに滑らかであり、抜群の喉越しの良さを生み出すことに成功。

総じて、一分の隙も見当たらない、個人的にはパーフェクトに近い1杯。
将来的には、ミシュランガイド掲載もあり得るのではないだろうか。

店舗概要


店名:麺屋 さくら井
住所:東京都武蔵野市西久保2-15-27
営業時間:[月・木・金・土]11:30~14:30、18:00~21:00
[火・日・祝]11:30~14:30
※材料なくなり次第終了
定休日:水曜日
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13202438/

田中一明さんのプロフィール

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)
1972年生まれ。東大卒の現役官僚でありながら「超・ラーメンフリーク」として年間700杯を超えるラーメンを、エリアを問わず実食。現在までの通算杯数は12,000杯に迫る。
テレビ番組への出演や、雑誌やムック本の監修を行ない、ラーメン情報を精力的に発信している。
「アウトプットは、着実なインプットの土台があってこそ説得力を持つ」という信条を持ち、新店から老舗に至るまで、47都道府県の店舗を探訪。信頼度の高さに定評がある。

※こちらの記事は、田中一明さんの了承を得てfacebook投稿から引用し、再構成したものです。田中さんのfacebookページはこちら

関連記事

フランス流エイプリールフールが流行の予感、ロブションに苺を乗せた「魚形のパイ」が登場。

株式会社フォーシーズが運営する「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」(恵比寿ガーデンプレイス

記事を読む

台湾カフェ「春水堂」、苺とジャスミンの春限定“タピオカ苺”ドリンクが新登場。

株式会社オアシスティーラウンジが運営する台湾カフェ『春水堂(チュンスイタン)』は、2017年3月1日

記事を読む

「J.S. PANCAKE CAFE」の全パンケーキが食べ放題。5店舗限定1日限りの特別企画開催。

株式会社ベイクルーズが運営するアパレルブランド「JOURNAL STANDARD(ジャーナル スタン

記事を読む

まるごとリンゴの形をしたケーキ、ニューヨーク「Big Apple」テーマのデザートプレートが誕生。

ザ・プリンス パークタワー東京は、「ニューヨーク」をテーマに、リンゴをイメージしたデザートプレート「

記事を読む

うかい新ブランド「ロティサリーチキン」自慢のブラッスリーが大手町にオープン。

株式会社うかいは、ロティサリーチキンをメインにした新ブランド「Le Poulet Brasserie

記事を読む

「カラムーチョ」が紀文のちくわと異色コラボ、「カラムーチョちくわ」新発売。

株式会社湖池屋は株式会社紀文食品と共同企画を実施し、湖池屋が監修した新商品「カラムーチョちくわ」を株

記事を読む


  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi
PAGE TOP ↑