エシレ専門店の人気マドレーヌに大きな切り分けサイズが誕生。数量限定で販売。

公開日: テイクアウト, 大人, 関東

フランスA.O.P.発酵バター「エシレ」の専門店『エシレ・メゾン デュ ブール』は、“ア・パルタジェ”(分け合う)という名前のついた大きなマドレーヌ「Madeleine a Partager(マドレーヌ・ア・パルタジェ)」を2017年4月20日(木)より数量限定で販売する。

同店で人気の「マドレーヌ・エシレ」よりもさらに大きい約20cmものサイズのマドレーヌ「Madeleine a Partager(マドレーヌ・ア・パルタジェ)」が誕生。
“ア パルタジェ”フランス語で“分け合う”という名前のついたこの大きなマドレーヌは、切り分けて皆で食べるフランスで人気のスタイルを再現したもの。表面に焦がしバターをたっぷり染み込ませて焼き上げることで、エシレバターの上品な香りと、レモンの果皮の爽やかさが口いっぱいに広がるようになっている。

エシレ ブルーの鮮やかなボックスに入ったエシレの新しい焼菓子ギフト


じっくりと焼き込んで引き出された粉の旨味、エシレの焼菓子の特長であるこんがりとしたきつね色の焼き色、そしてバターの芳醇な香り。シンプルながら素材の良さを存分に楽しめる逸品。

【商品概要】
マドレーヌ・ア・パルタジェ
税込 4,320円(本体4,000円)
賞味期限:製造日から3日

■「エシレ バター」について
エシレバターは、フランス中西部ポワトー・シャラント地方のドゥー・セーブル県エシレ村にある、エシレ酪農協同組合が、原料から製造方法まで昔ながらの伝統を守りながら、製造する発酵バター。大量生産ができないエシレバターは希少価値が高く、A.O.P(※)も取得。世界中のグルメ評論家をうならせる逸品として知られており、名だたる三ツ星シェフや各国のロイヤルファミリーにも愛されている。
*A.O.P.・・・“Appellation d’Origine Protegee”(原産地名称保護)
EUの農業品、ワイン、チーズ、バターなどに対して与えられる認証。製造過程及び最終的な品質評価において、特定の条件を満たしたものにのみ与えられる品質保証。バターでのA.O.P.認定は非常に希少。

■『エシレ・メゾン デュ ブール』について
丸の内ブリックスクエアに2009年に開店した、世界初のエシレバターの専門店。開店以来エシレバターをはじめ、エシレバターをふんだんに使用したクロワッサンやフィナンシェ、マドレーヌなどの焼き菓子、バタークリームの新しい美味しさを創出した「ガトー・エシレ ナチュール」など、オリジナル レシピの新しい味わいが人気を呼んでいる。
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
営業時間:10:00~20:00(無休)

東京ミルクチーズ工場、栗の風味たっぷりの奥深い味わいの「マロンロール」が季節限定で登場。

「東京ミルクチーズ工場」では季節限定で「マロンロール」を発売する。 栗本来の甘みと香りを活かす

記事を読む

韓国発・ウィキッドスノー原宿、インスタジェニックなX’mas限定パッピンスを発売。

株式会社JY Companyの運営する韓国パッピンスのスイーツカフェ『WickedSnow(ウィキッ

記事を読む

第一ホテル東京シーフォート、季節の食材やシーフード満載のウィンターバイキングを開催。

「自然のゆらぎを五感で味わう TOKYO ISLAND RESORT」をコンセプトとする、第一ホテル

記事を読む

台湾カフェ”チュンスイタン”、宇治抹茶と小豆の贅沢ドリンク『タピオカ抹茶小豆ミルク』が新登場。

株式会社オアシスティーラウンジの運営する台湾カフェ、春水堂(チュンスイタン)は、11月20日(月)よ

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑