駄菓子バー、昭和レトロ感タップリ。新宿に駄菓子食べ放題のバーがオープン。

株式会社サービスマートは、首都圏中心に駄菓子食べ放題のエンタメバー「駄菓子バー」を2016年の渋谷店に続き、新店『新宿駄菓子バー』を、2017年11月17日(金)に東京・新宿にてオープンする。

2003年11月、恵比寿に第1店舗目をオープンし、2015年には初のフランチャイズ店舗となる「川崎駄菓子バー」、2017年6月には「かまた駄菓子バー」がオープン。

「駄菓子バー」直営店は2016年オープンの「しぶや駄菓子バー」を入れて現在都内に4店舗を展開中。
この度オープンする『新宿駄菓子バー』は、当社の展開する「駄菓子バー」内では最大級の広さの店舗となる。昭和レトロ感タップリの店内に懐かしい歌謡曲が流れる中、駄菓子をつまみにお酒を飲む…、日常を忘れてどこか懐かしい非日常を楽しめる。

今回オープン予定の『新宿駄菓子バー』の目玉といたしまして店内が昭和レトロな街並みの中、中央部に巨大な「駄菓子屋ひよこ」があり「店の中に店がある」ユニークでワクワク感が楽しめる空間となっている。

「駄菓子屋ひよこ」にある駄菓子は全て食べ放題。在庫は常時100種以上を展開。昔懐かしい駄菓子から、新発売の駄菓子まで、様々なラインナップを取り揃えている。
また、フードメニューも、懐かし料理、給食メニュー、駄菓子を使った料理からいわゆる居酒屋料理まで幅広く取り揃えている。中でも注目の駄菓子を使ったコラボメニューはメニュー数も増え、駄菓子の「おつまみ」から「デザート」まで、“駄菓子バーだからこそ”な品を展開。

小銭を握りしめ、駄菓子屋で限られた駄菓子しか買えなかった子供の頃の思い出。「もっと好きなだけ駄菓子が食べたい」そんな子供の頃の夢が叶う、童心に帰って無邪気に楽しめる。駄菓子バーはそんな夢の空間となっている。

メニュー概要

・給食のあげぱん:200円~(きなこ・ココア・さとう・アイスあげぱん・シナモン・黒蜜きなこ味など)
・なつかしナポリタン:780円

<駄菓子を使ったメニュー>
・たこせん      :180円
・よっちゃんいかチヂミ:480円
・じゃがりこポテサラ :450

店舗概要

・店名  :新宿駄菓子バー
・所在地 :〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-wing5階
・アクセス:JR線 新宿駅 徒歩3分/西武新宿線 新宿駅 徒歩4分
・所在地 :東京メトロ丸の内線・都営新宿線 新宿3丁目駅 徒歩4分
・電話  :03-6457-6522
・営業時間:月曜~金曜・祝前日 16:00~23:30/土曜・日曜・祝日 15:00~23:30
・URL :https://r.gnavi.co.jp/r11ey9cd0000/

ヒルトン東京、お嬢様気分が味わえる“オトナかわいい”デザートブッフェを開催。

ヒルトン東京お台場は、12月26(火)から2018年3月15日(木)まで、「シースケープ テラス・ダ

記事を読む

ラフォーレ原宿に新感覚お米のポタージュ「KOMEPOTA」が登場、変わり種“チョコレート”も。

ラフォーレ原宿「onigiri stand Gyu!」などを運営し、おにぎりを通じて日本米プロモーシ

記事を読む

森永、インスタ映えする“オトナピノ”「ハッピーノ オトナキャメル」が登場。

森永乳業株式会社は、カルビー株式会社が運営するスイーツ ワンダーランドYesterday’s tom

記事を読む

蛇口からビール、二子玉川ガレリアで“箱根ビール大感謝祭”開催。

株式会社小田原鈴廣は、「箱根ビール」が今年で発売20周年を迎えたことを記念し、2017年12月3日(

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑