シェイクシャック、東京ドームと玉川髙島屋S・Cに新店舗がオープン。

株式会社サザビーリーグは、ニューヨーク発のハンバーガーレストラン「Shake Shack®」の日本7号店を2018年2月1日(木)東京ドームに、8号店を2018年2月28日(水)に二子玉川髙島屋S・Cにオープンする。

日本では初のスタジアムへの出店となる「シェイク シャック 東京ドーム店」のコンセプトは、「Take Me Out to ShakeShack ! =私をシェイク シャックに連れてって!」。
アメリカに古くからある歌「Take Me Out to the Ball Game =私を野球に連れてって」を、メジャーリーグの試合では7 回終了時に観客皆で歌う習慣がある。
その時のスタジアムの一体感、高揚感はとても魅力的なものであり、そんな楽しい雰囲気を醸し出すことができる空間をイメージしている。

店舗の前面は解放できるガラス面が大きく取られ、直接店内の様子を感じられます。スタンド売店のようなしつらえのオーダーカウンターやツタが絡んでいるレンガの壁、ペナントフラッグをイメージしたトライアングルのパネル等、古き良き球場のモチーフを随所に取り入れながらシャイク シャックならではのスタイリッシュなデザインとも融合している。

今回初の試みとして、ゲームデーには提供するメニューを限定し、お客様の待ち時間を短縮できるように配慮。イベント前に立ち寄り、シェイク シャックを片手に野球観戦を堪能するのもおすすめ。

一方、「シェイク シャック 二子玉川店」は、住宅街ならではの豊かな自然環境に恵まれ、居心地の良い上質な時間の流れる街、二子玉川にふさわしいリラックスしたイメージを大切にした。
デザインコンセプトを「No Border」とし、正面にある大きな樹木と植栽、緑の多い建築の魅力を活かし、その素晴らしい環境と一つに溶け合う空間作りをしている。

正面入り口は大きく開放可能で、そこにゆったりと過ごしていただけるソファを配置し、天井にはウッドルーバーを設け、テラスにいるような雰囲気を演出。建物の中と外の境界をあえて曖昧にすることで、周囲の環境を「借景」としている。

ファミリー客が多い二子玉川の街に合わせ、こどもと一緒にパズル遊びができるプレイウォールや、読書が楽しめるライブラリーコーナー、パーティーやイベントもできるスペース、ベビーカー専用置場も設置。
また、石のタイルや日本産の杉・ヒノキの間伐材など自然素材も多く取り入れ、環境に配慮した店作りを行うなど、シェイク シャックのブランドミッションである「Stand For Something Good™ =シェイク シャックに関わるあらゆる方々や企業、地域のために私たちができること」を幅広くに体験できるハンバーガーレストランになっている。

東京ドーム店、二子玉川店の各店では、店舗限定のコンクリート(フローズンカスタード)も用意し、それぞれの地域の特色を活かした「コミュニティーギャザリングプレイス」(地域の人々が気軽に集う場所)として、幅広い人々に愛される店舗を目指していく。

店舗概要

◆シェイク シャック 東京ドーム店
・所在地 :東京都文京区後楽1-3-61 東京ドーム 22 ゲート横
・営業時間:11:00~22:00
・席数  :88席

◆シェイク シャック 二子玉川店
・所在地 :世田谷区玉川2-27-5 玉川髙島屋S・C マロニエコート1F
・営業時間:11:00~22:00
・席数  :110席

ウェディングケーキメーカーのバレンタインチョコ、ローズの香りが別格。

株式会社アニバーサリーは、2018年1月20日(土)に、バレンタイン限定商品『ストロベリー&ローズシ

記事を読む

ブルガリ イル・チョコラート、ジェムズ(宝石)のようなバレンタイン商品を今年も発売。

ブルガリ 東京・大阪レストランは、「フェスタ・ディ・チョコラート(Festa di Cioccola

記事を読む

横浜赤レンガ倉庫、過去最多数の店舗が参加するストロベリーフェスを開催。特別メニューを期間限定で提供。

MARINE & WALK YOKOHAMAは、2018年2月2日(金)~2月12日(月・振休)に横

記事を読む

「原宿りんご」にバレンタイン限定“チョコムース”が登場。人気カフェ「Anywhere Door」

株式会社dotは、世界と日本をつなぐ扉がコンセプトである「Anywhere Door」にて、ヨーロッ

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑