【糖質制限】砂糖ゼロ・糖類ゼロのバレンタインギフトがフィリコ銀座本店に登場。

フィリコオンラインショップ・銀座四丁目「フィリコ銀座本店」では、バレンタインギフト、自分へのご褒美に「砂糖不使用 フィリコ チョコレート」を販売している。

砂糖や糖質を気にされている方、ダイエット中の方でも安心して食べられるように、体内で代謝される糖質をとことんカット。砂糖の代わりに天然由来の甘味料:エリスリトールを使用した砂糖未使用の上質クーベルチュールチョコレート。一般のチョコレートより73%、マルチトールを使用している他の砂糖不使用のチョコレートよりも58%、体内で代謝される糖質をカット。
フィリコチョコレートの糖質(エリスリトール、甘味料(スクラロース)を除く糖質)は、カカオと全粉乳にもともと含まれている自然の糖質のみ。フィリコ チョコレートは、カカオの産地からこだわり美味しさをとことん追求している。

<糖類ゼロのダークチョコレート>
ハイカカオの食べづらさが無く、糖質をとことんカットしたダークチョコレート。チョコレート好きな方にも満足いただけるように、希少価値の高いコロンビア産、ドミニカ産のカカオマスを使用し、苦味・酸味・香りの絶妙なハーモニーを楽しめる。(カカオ含有率:79%)

<幅広い層から好まれるミルクチョコレート>
日本人の口にあうなめらかな味わいのガーナ産のカカオマスに、香りを楽しめるベネズエラ産のカカオを加えた。濃厚な味わいなのに、後味はさぱっりしているのが特徴。 (カカオ含有率:61%)

<北海道産の全粉乳>
ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートに使用している全粉乳は、100%北海道産の全粉乳を使用し、味に深みを加えている。ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートに使用している全粉乳は、100%北海道産の全粉乳を使用し、味に深みを加えている。

<カカオバターの結晶であるホワイトチョコレート>
北海道産の全粉乳とカカオバターの相性が良く、練乳のような濃厚な味わいが特徴で、クセになる美味しさを楽しめる。(カカオ含有率:45%)

<ベルギー規格のクーベルチュールチョコレート>
ベルギーは、世界的に有名なチョコレートの生産地。選び抜かれた最高ランクの豆だけを使用。滑らかな口どけ、濃厚な味わいの上質クーベルチュールチョコレート。クーベルチュールとは、「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可…」等の細かい国際規格があり、この国際規格にそったチョコレートのみに与えられる称号。

<食べ過ぎ防止の個別包装>
ハート型のチョコレート1粒1粒を個別に包装している。「連続で食べてしまう作業を中断すること、個別包装のゴミが視覚に訴える食べた量」が心に響き食べ過ぎ防止に繋げられるようにとの思いを込めて個別包装に。

<パッケージ>
プレゼントに、自分へのご褒美に。楽しく・美味しい時間の中心にフィリコ チョコレートが花を咲かせるようにとの思いを込めて、また、贈り物としても喜ばれるようにとの思いを込めてゴージャスなパッケージデザインに。

<Made in japan>
チョコレートの原材料(カカオマス、全粉乳、カカオバターetc)を厳選・配合し、チョコレート生地を1から日本国内で製造している。

<特許取得>
エリスリトールを主甘味料に使用したチョコレートとして、その配合比の特許を取得。

店舗概要

【フィリコ銀座本店】
・所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-13 銀座四丁目タワー1F
・TEL :03−6264−3555(店舗直通)
・営業時間:月〜土11:00-21:00 / 日・祝10:00-20:00
・アクセス:
*東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」 A7出口より徒歩1分
*東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A2出口より徒歩1分
*東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口より徒歩5分

ソルビンの人気No1メニュー“きな粉餅”がシェイクに 抹茶やグラノーラなど3種が登場

韓国でかき氷ブームを巻き起こしたコリアンデザートカフェ「SULBING(ソルビン)」では、SULBI

記事を読む

ファミマ、大好評 “全粒粉サンドシリーズ” から新商品が続々登場。

株式会社ファミリーマートでは、大ヒットの全粒粉サンドシリーズの新商品として、「全粒粉サンド 野菜ミッ

記事を読む

クリスピークリームドーナツ、母の日に向け「ママボックス」が期間限定で登場。

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社は、5月13日(日)に迎える母の日に向けて、ママドー

記事を読む

天丼てんや、初夏限定「海鮮天丼」と初登場「チーズチキン南蛮天丼」が発売開始。

天丼てんやは、4月26日(木)から季節限定メニューの『初夏の海鮮天丼』と、肉天丼シリーズの『チーズチ

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑