「電撃のように味蕾を貫く」明瞭で上質な“うま味”、超話題ラーメン店「中華蕎麦にし乃」。

ラーメン官僚(田中一明)の「麺レポ!」

田中一明[著・写真]/ GourmetBiz編集部[編]

東京・本郷三丁目の「中華蕎麦にし乃」は、本年2月17日にオープンした超話題店。

ロケーションは、地下鉄各線本郷三丁目駅から徒歩2分程度。同店を切り盛りするのは『ミシュランガイド東京2018』のビブグルマン部門掲載店『らぁめん小池』の店主・水原氏だ。

「『小池』の2号店となるこちらでは、落ち着いた本郷の街のイメージに合わせ、長く愛され続けるスタンダードなラーメンを提供したいんです」と微笑む店主。ミシュラン掲載店の店主でありながら、全く偉ぶることのない朴訥な人柄も魅力的だ。
基本メニューである「中華そば」をオーダーさせていただいた。

中華蕎麦にし乃「中華そば」

待ち時間5分程度で、待望の1杯がカウンター上に到着。
カタクチイワシ・昆布などのエキスを搾り取った出汁、アサリの剥き身から採ったコハク酸たっぷりの出汁、鶏・豚から採った動物系出汁の3種類を、提供する直前にブレンド。
これに白醤油と薄口醤油をブレンドしたタレが織り交ざれば、『にし乃』のスープの出来上がり。
昆布は、うま味を徹底的に抽出すべく、火を入れる前の水だけに漬け込み、加熱する前にはすべて取り除くこだわりよう。
ひと口啜っただけで、目が醒めるような明瞭かつ上質なうま味が、電撃のようにズバンと味蕾を貫く。

類稀な後口の良さは、余分な雑味を根絶することによって、初めて実現できるものだ。
このスープに合わせる麺は、名門『村上朝日製麺所』から取り寄せた、しなやかなストレート麺。

この辺で、この1杯の結論を。

これは美味い!、凄まじく美味い!!

オープンしてまだ日が浅いにもかかわらず、既に超一流の領域に到達している。
無我夢中で食べ進め、一気にスープまで飲み干してしまった。うん、これは凄い1杯だ。
2018年の都内新店の新人王候補のひとつであることは、異論を待たないところだろう。

田中一明さんのプロフィール

田中一明(通称・ラーメン官僚かずあっきぃ)
1972年生まれ。東大卒の現役官僚でありながら「超・ラーメンフリーク」として年間700杯を超えるラーメンを、エリアを問わず実食。現在までの通算杯数は13,000杯に迫る。
テレビ番組への出演や、雑誌やムック本の監修を行ない、ラーメン情報を精力的に発信している。
「アウトプットは、着実なインプットの土台があってこそ説得力を持つ」という信条を持ち、新店から老舗に至るまで、47都道府県の店舗を探訪。信頼度の高さに定評がある。

※こちらの記事は、田中一明さんの了承を得てfacebook投稿を再編集したものです。田中さんのfacebookページはこちら

進化系パフェ専門店「ザ・パフェスタンド」、喉越し爽やかな「飲むパフェ」が登場。

株式会社BAKEが運営をする、パフェ専門店「THE PARFAIT STAND」は、2018年4月2

記事を読む

タリーズ、紅茶メニューを拡充したショップ「&TEA」が六本木にオープン。

タリーズコーヒージャパン株式会社は、「タリーズコーヒー &TEA六本木一丁目店」を5月1日(

記事を読む

ヒルトン東京、”大正ロマン”を思わせるレトロ可愛いデザートフェアを開催。

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、6月1日(金)より 9月30日(日)までの期間、『ジャポニ

記事を読む

日本発、大人向け紅茶専門ティースタンド「comma tea」1号店がオープン。

株式会社ティーカンパニーは2018年5月1日(火)に「comma tea(コンマティー)」の1号店を

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑