スタバ 芳しく繊細な「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」誕生 新プロジェクト第1弾商品

公開日: cafe, 全国 , ,

スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社は、日本の食文化の周りにある素敵なモノゴトを再発見・発信するプロジェト“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”をスタートし、その第1弾を飾る商品として、芳しい香りあふれる繊細な“加賀 棒ほうじ茶”を豊かに用いた『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®』を5月30日(水)より全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて発売する。

黄金色に輝く加賀の棒ほうじ茶を用いたフラペチーノ®

“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”のスタートを飾る『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®』は、お茶の茎部分だけを浅く焙じ黄金色に輝く“加賀 棒ほうじ茶”を使用。一番茶の芳しい香りと繊細さをたたえる加賀棒ほうじ茶を用いて、日本文化のひとつであるお茶をカジュアルに楽しめるフラペチーノ®として仕立てた。日本の知られざる奥の深いストーリーを持つ素材や文化を模索する中、世界で注目されているものに考えを広げ、抹茶という茶の葉をすり潰して飲むという日本独特の茶文化に目がとまり、そこから日本の茶文化はユニークでまだまだ日本人も気づいていない独特な世界があるかもしれないと考えたどり着いたのが、加賀から始まったとのこと。

特別で繊細な棒ほうじ茶が特別なデザート感覚のドリンクに

石川県は、江戸時代に経済に文化政策を取り込み、加賀藩を繁栄させていった前田家の取り組みによって現代でもお茶文化や、工芸の文化が盛んな地域。その地で生まれた“加賀 棒ほうじ茶”は、明治35年、庶民には手の届かない大変高価なものであったお茶を、金沢の茶商林家新兵衛が捨てる部分であった茎を焙じて売り出したところ人気になったという、奥にあるストーリーを感じる素材。芳ばしく華やかな香りと料理の味を邪魔しない軽やかな味わいが長く加賀地方を中心に愛されてきたこの特別で繊細な棒ほうじ茶に、スターバックスらしいツイストとして、ふんわりと仕立てたホワイトチョコレートクリームと加賀棒ほうじ茶ジェリーを合わせ、特別なデザート感覚のドリンクとして仕上げた。この商品を通じて、「日本にはこんな特徴のあるお茶があるんだ!」「日本の歴史や文化、地域性ってすてきだな。」と感じてもらいたいとしている。

STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECTとは

国内・国外ともに、東京・日本に注目が集まりはじめる中、スターバックスは、「いつもの世界を、ほんの少し違う角度で見つめてみると、意外と知らないことがいっぱいでワクワクする。」という想いから、日本ならではの食文化を背景ストーリーとともにスターバックス独自の視点で編集し、ビバレッジやフード、グッズなど様々なかたちで日本の若者に向けて提案していくプロジェクト“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”を2018年から3か年の企画としてスタートする。

商品概要

■商品名・価格:
『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®』Tall ¥620※表示価格は本体価格(税抜価格)
■販売期間:
2018年5月30日(水)~2018年7月19日(木)
■取扱店舗:
全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)※なくなり次第終了

カルビー 「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」ローソンにて数量限定で発売

カルビー株式会社は、別添の納豆フレークをポテトチップスにかけて食べる新商品「ポテトチップス 納豆好き

記事を読む

ビブリオテーク 名古屋にて「濃厚なめらかパンケーキフェア」を期間限定で開催

本を媒体としてカルチャーを編集・閲覧・発信するカフェ『ALIBRARY CAFE&BOOKS(アライ

記事を読む

成城石井 ワインバーに「大人のシャンパンメロンクリームソーダ」が期間限定で登場

この夏、成城石井がプロデュースするワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO

記事を読む

『博多一幸舎』 映画『パンク侍、斬られて候』とのタイアップキャンペーンを開催

6月18日(月)より、福岡を拠点に展開する豚骨ラーメン専門店『博多一幸舎』グループにて、映画『パンク

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑