東京・銀座ソニービルにJNTO認定の外国人観光案内所がオープン。英語による案内やパンフレットを提供。

公開日: ニューオープン, 関東

東京・銀座 ソニービルは、訪日外国人旅行者の受け入れ環境整備の一環として日本政府観光局(JNTO)の認定を受けた、1F エントランスホールの「外国人観光案内所」をより充実させたコーナーとして、2015年2月17日(火)よりオープンすることを発表した。

d353-179-643109-0

併設の「Multi Communication Window」は、“「人」・「情報」・「体験」が交錯し、出会う多機能な窓がある空間”として、著名な観光スポットだけでなく、ガイドブックでも知ることのできないような様々な日本の魅力を発信していくとしている。

【外国人観光案内所 概要】
英語による近隣の案内や紹介、Free Wi-Fi・インターネット情報検索の利用、観光案内パンフレットの提供などを行う。

d353-179-132525-1

①名称:ソニービル インフォメーションカウンター
②認定区分:カテゴリー1
③開所時間:11:00~19:00
(休憩時間13:30~14:30、17:00~17:45、ソニービル休館日1月1日、2月1日間、9月2日間除く)
④言語:英語「常駐」
⑤提供サービス:
・Wi-Fi(5GHz)、インターネットタブレット
・観光案内パンフレットの設置や配布近隣の案内や紹介
⑥場所:1F エントランスホール
⑦問い合わせ先:03-3573-6263
⑧URL: http://www.sonybuilding.jp/eventspace/entrance/#touristinfo

【外国人観光案内所認定制度とは】
訪日外国人旅行者の受入環境整備の一環として、JNTOでは観光庁が策定した「外国人観光案内所の設置・運営のあり方、指針(平成24年1月制定、平成26年8月改定)」に基づき、外国人観光案内所の新たな認定制度を運用。

http://www.jnto.go.jp/

d353-179-699782-2

【Multi Communication Window 概要】
「人」・「情報」・「体験」が交錯し、出会う多機能な窓がある空間を形成したコーナー。ガイドブックでも知ることのできないような地域や商品等の日本の魅力発信をテーマに、商品展示や最新の観光情報を伝える。

d353-179-914156-3

①営業時間:11:00~19:00
②場所:1F エントランスホール
②提供サービス:
・おすすめする日本の地域・商品の魅力発信展示
・大型ディスプレイによる画像・映像の上映
・おすすめパンフレットの設置、配布
※企画内容によって異なる。

Copyright 2015 Sony Enterprise Co., Ltd.

岡むら屋、驚きの創作料理「ニラ玉豚めし」が期間限定で販売開始。

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングス株式会社の子会社、アークダ

記事を読む

ライトアップコーヒー、シングルオリジンコーヒーが1日限定で飲み放題。

ライトアップコーヒー下北沢店では、2018年4月29日にオープンから1周年を記念して、全てのコーヒー

記事を読む

数量限定レーズンバター「ミルフイユ エシレ」が登場 新宿と銀座に期間限定店舗出店

AOP認定のフランス産発酵バター<エシレ>の輸入総代理店である片岡物産株式会社は、エシレ バターをた

記事を読む

ベンジェリが「よみうりランド」コラボシェイクを発売 SNS投稿を見た人限定の裏メニューも

アメリカ生まれのプレミアムアイスクリーム「BEN&JERRY’S」 (ベン&ジェリーズ)は、よみうり

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑