ななや、”世界で一番美味しい抹茶チョコ”を目指した新作を発売開始。

静岡抹茶を使用した菓子・製造を行う「ななや」を運営する丸七製茶株式会社は、本格的なチョコレート作りを目指し、日本茶メーカーとしての個性も活かしカカオ豆をお茶焙煎機で焙煎するところから始めた。自家製にて作るお茶チョコレート作りを2016年春から始め、2017年冬の新作として「濃さが選べる7種の抹茶チョコレート」を11月4日に発売する。

夏に先行発売したタブレットタイプのお茶チョコレート7種も11月7日に発売し、11月9日には両シリーズのネット販売を開始。
同社は様々な自家製抹茶スイーツ作りの技術と経験を活かし、お茶の風味を最大限に感じることができるチョコレート作りを目指している。ミルクと抹茶の相性の良さをジェラート作りで得たノウハウを活かし、チョコの口溶けの良さが商品によってはねっとりとしたしつこい味わいになることを解消したいと考えて来た。

ココアバターの口溶けを活かしつつ、お茶の持つ渋味が大人の旨味へと変化し、落雁を思わせる少しざらつく口当たりが後味のキレの良さと素材の香味をより強く際立たせ、上品な味わいと優しい余韻がお楽しみいただけるチョコレート作りを行っている。

一般的な抹茶チョコレートは業務用のホワイトチョコレートを溶かして抹茶を混ぜて固めることで作られている。しかしこうしたチョコレート作りの場合、ホワイトチョコレートそのものの個性が強く出るためバニラなどの香料の香りが強く、お茶の洗練された香りをそのままに感じていただくことができない。
そこで同社ではホワイトチョコレートそのものの製造から始めることでお茶の風味を最大に活かすチョコレートを製造することが可能となった。

タブレット同様に香料、添加物一切使用せず、静岡県産100%のミルクを使ったお茶チョコをオリジナルデザインのカップに入れて7段階の濃さを選べる抹茶チョコとしてリニューアル発売する。また、リニューアルに伴い抹茶とほうじ茶に加えて新作として玉露、玄米茶、和紅茶、ミルクが発売となる。

No.1からNo.7までだんだん濃くなる本格抹茶の味わい、さらには最近人気のほうじ茶もいろいろ選べる仕様。
No.7は現在、世界で一番濃い抹茶チョコレートなのではないかと自信を持って発売。想像以上に濃く、思わず「濃っ!」っと、うなる味わいに仕上げた。あまりの濃さのため安易にはお勧めできない。チャレンジしてみたい方向け。

商品概要


・抹茶チョコレートNo.1~No.6、
玉露、ほうじ茶、玄米茶、和紅茶、ミルク それぞれ10粒入り <360円(税込)>
・抹茶チョコレートNo.7 10粒入り <390円(税込)>

【お茶の風味を活かした7種類のお茶チョコ】

(1) 抹茶 1枚/860円(税込)
藤枝市岡部町産の高級抹茶を使用。人気の抹茶チョコレートですが甘味を抑え、それでいて渋味も押さえた上質な体験したことのない抹茶チョコの味わい。

(2) 玉露 1枚/860円(税込)
玉露の日本三大産地とも呼ばれたことのある藤枝市岡部町産の上質な玉露茶葉を使用。玉露特有のどことなく青海苔を思わせる香りと濃厚な旨味が余韻を残し、その香味は後を引く。

(3) あさつゆ 1枚/600円(税込)
高級茶の代表である玉露用に開発された希少品種あさつゆ種を使用。渋味が少なく優しい味わいでヨモギを思わせる若草の香り豊かな味わい。

(4) 藤かおり 1枚/540円(税込)
インド品種と日本品種の掛け合わせによって生まれた藤の花やジャスミンを思わせる華やかな香りを持つ超希少品種『藤かおり』の自家栽培した茶葉を使用。豊かな香りと刺激的な渋味のエキゾチックな体験を楽しめる。

(5) ほうじ茶 1枚/540円(税込)
コクのあるやぶきた種を自家焙煎し、芳ばしい香りをそのままに活かせるよう二度炒りした炒りたての茶葉を使用。カカオやコーヒー風味のチョコレートとやや似ていながらも一風変わった炒りたての香りが口溶けとともに広がる。

(6) 玄米茶 1枚/540円(税込)
藤枝産炒り玄米と深みのある『やぶきた』種茶葉を使用。日本人がどこか魅かれるお焦げの香りとお茶の渋味とがバランス良く調和した味わい。

(7) 和紅茶 1枚/540円(税込)
日本の紅茶品種の代表的な品種『べにふうき』を酸化発酵させた国産紅茶の茶葉を使用。熱帯で作られる紅茶とは異なるじっくりと時間を掛けて進む萎凋発酵が上質な香りとおだやかな渋味を生み、チョコと溶けあう。

※7種全品、香料、着色料、レシチン(大豆など)を一切使用せず製造しているため、保管状態が不十分であった場合、ブルーム現象(カカオバターの油が分離し、表面が白くなること)が発生したり、手で触れた部分が溶けやすくなることある。

・2017年11月4日 濃さが選べる7種の抹茶チョコシリーズ 全店発売
・2017年11月7日 タブレットタイプのお茶チョコシリーズ 全店発売
・2017年11月9日 全品ネット販売スタート( http://nanaya-matcha.com/ )

店舗概要

【ななや藤枝本店】
所在地  :静岡県藤枝市内瀬戸141-1
電話   :054-646-7783
ファックス:054-647-0707

【ななや青山店】
所在地:ななや-チョコレートショップ- 東京都渋谷区渋谷2-8-3
電話 :03-6427-9008(ファックス兼用)

進化系パフェ専門店「ザ・パフェスタンド」、喉越し爽やかな「飲むパフェ」が登場。

株式会社BAKEが運営をする、パフェ専門店「THE PARFAIT STAND」は、2018年4月2

記事を読む

タリーズ、紅茶メニューを拡充したショップ「&TEA」が六本木にオープン。

タリーズコーヒージャパン株式会社は、「タリーズコーヒー &TEA六本木一丁目店」を5月1日(

記事を読む

ヒルトン東京、”大正ロマン”を思わせるレトロ可愛いデザートフェアを開催。

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、6月1日(金)より 9月30日(日)までの期間、『ジャポニ

記事を読む

クリスピークリームドーナツ、ウェディング用の新商品”引菓子”が登場。

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社は、全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼業界

記事を読む







  • 提携メディア: LINEニュース smartnews
    Totopi



PAGE TOP ↑