本場の韓国焼き鳥が本格上陸!『韓国屋台とパンチャンショップ ベジテジや』がグランドオープン

投稿日:2021/07/14 12:33 更新日:

京都発、創業15周年を迎える『サムギョプサル専門店ベジテジや』は、ブランド初の韓国惣菜デリカを併設した新業態『韓国屋台とパンチャンショップ ベジテジや 学芸大学店』を2021年7月15日(木)にグランドオープンします。オープンを記念して7月15日から5日間限定で『おうち焼肉ミックス』が半額になるキャンペーンも開催!

新業態『パンチャンショップ』誕生への想い

ブームはきっかけ。本物を知ってもらいたい。
「包まぬ豚は、ただの豚。」をキャッチコピーに、“包む”という体験価値にフォーカスし、独創的な唯一無二の「サムギョプサル専門店」を追求してきたベジテジやは、2006年の創業以来15年に渡り、韓国の日常食・大衆食の定番であるサムギョプサルを中心に韓国食文化の魅力を伝えることに尽力してきました。
近年、日本は第4次韓流ブームの真っただ中とされ、韓国ドラマやK-POPなどのエンターテイメントのみならず、トレンドグルメに必ずと言っていいほど韓国グルメがラインナップするなど、改めて韓国料理に注目が集まっています。
そんな中、ブームやトレンドに左右されない「本物志向」をコンセプトに、“韓国食文化の魅力をより身近に”との想いを実現するため、15周年という節目を迎える2021年を起点とし、この度新業態として初のデリカブランド『パンチャンショップ』を立ち上げるに至りました。

目指したのは、“令和のニューキムチ屋さん”
「パンチャン(반찬)」とは、韓国語で「おかず/惣菜」のこと。
ブームやトレンドに左右されず、韓国食文化をより身近に、より手軽に家庭の食卓に取り入れてもらいたいとの想いを込めて、“韓食を日常に”をテーマに親しみを感じるネーミングとして『パンチャンショップ』と名付けました。
ブランドデザインは、昔ながらの町のキムチ屋さんを再現したレトロな佇まいながら、
・伝統的なものからトレンドの韓国グルメまでバラエティ豊かなラインナップを取り揃え、
・豊富なキャッシュレス決済手段やテイクアウトオーダーシステムを導入し利便性に富んだ、
令和の時代にフィットした、キムチ屋さんの新たな形を目指しました。

あの屋台の味がいよいよ日本に!本場の韓国焼き鳥『タッコチ(닭꼬치)』が本格初上陸!

韓国では定番の屋台料理『タッコチ(닭꼬치)』。
「タッ(닭)=鶏」「コチ(꼬치)=串」が名前の由来で、韓国では屋台を中心に専門店もあるほど定番の韓国グルメ。しかし、独自の焼鳥文化が根強い日本では、新大久保はもちろん全国的にも取り扱い店舗がほとんどないと言っていい程まだまだ知られていない、知る人ぞ知る韓国グルメの一つ。(事実、グルメサイト食べログで「タッコチ」と検索をしても、現在取り扱っている店舗の情報はほぼなし)

日本の焼鳥との最大の違いは『タレ』。香ばしい炭の香りと自家製「秘伝のヤンニョム辛味ダレ」の甘辛で濃厚な味わいが食欲を掻き立てます。ベジテジやでは、店頭に専用の焼き台を設置し、屋台とデリカの両方で本格的なタッコチを提供します。


韓国のタッコチといえば、部位はモモが主流でサイズは日本の倍以上と大きめでその分価格も高め。そこでベジテジやでは、日本の焼鳥文化を取り入れ、価格とサイズを日本の一般的な焼鳥に合わせたうえで、韓国では馴染みの少ないセセリや鶏皮などの日本で人気の部位を新たにラインナップしました。
また、鶏の他にもベジテジや名物「サムギョプサル串」、韓国らしい「チュクミ串(イイダコ)」「チーズタッカルビ串」などバラエティ豊かなコチを提供します。


全て自家製!こだわりの詰まった本場のソルロンタン

もう一つの名物が韓国の食文化では欠かせないスープたち!大量の牛骨を丸一日かけて強火で白濁するまで炊き上げた自家製「ソルロンタン(설렁탕)」は、コク深くもクセのない本場にも劣らない自信作に仕上がりました。

ソルロンタンの他にも豚骨ベースの「テジクッパ(돼지국밥)」、鶏ガラベースの「タッコムタン(닭곰탕)」を揃え、それぞれ調味した「スンドゥブチゲ(순두부찌개)」「ユッケジャン(육개장)」「テンジャンチゲ(된장찌개)」とまずは全6種をラインナップ。店内ではもちろん便利な冷凍スープとしてパンチャンショップにて購入できるようになっています。


ドラマで見たあの料理にきっと出会える!本場のキムチ&手作りパンチャン(韓国惣菜)

キムチとナムルは全て手作りにこだわった本格派。定番から変わり種まで専門店ならではの味を届けます。
また、おうち焼肉に最適な焼肉用味付け肉も多数ご用意。昔ながらの焼肉店の味を再現したこだわりのカルビ、ロース、ホルモンに加え、骨付きテジカルビ、サムギョプサル用のお肉も用意しました。
他にも人気の「ヤンニョムチキン」はもちろんトレンドの「カンジャンセウ(生海老の醤油漬け)」など、伝統的なものからトレンドの韓国グルメまでバラエティ豊かなラインナップを取り揃えました。



店舗情報

場所は、東急東横線「学芸大学駅」から徒歩1分。
この7月リニューアルを遂げる高架下の商業施設「学大市場」内に位置します。
本場韓国の屋台「ポジャンマチャ(通称:ポチャ)」を再現したデザインの店内に開放的な屋外席も完備し、韓国さながらの雰囲気を体験できるようになっています。
なお、パンチャンショップでは、韓国屋台で提供しているほぼ全てのメニューと使用しているタレや調味料を持ち帰りできるようになっています。


店舗名:「韓国屋台とパンチャンショップ ベジテジや 学芸大学店」
オープン日:2021年7月15日
住所:〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-3-2学大市場内
TEL:03-3792-7232
営業時間
└韓国屋台:11:00~23:00(LO FD22:30) *ランチ11:00~15:00
└パンチャンショップ(デリカ):10:00~22:00

※新型コロナウイルス感染防止対策に伴い、営業時間が変更になる場合があります。

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.