【あべ養鶏場 えっぐぷりん】北海道下川町の素材だけでつくる『ハスカップぷりん』を期間限定で販売!

投稿日:2021/08/08 14:05 更新日:

札幌を中心に東北・関東で「ミアボッカ」「いただきコッコちゃん」「クッチーナ」など50店舗を経営する株式会社イーストン(所在地:札幌市北区、代表取締役社長:大山 泰正、以下「イーストン」)の食物販部門「あべ養鶏場 えっぐぷりん」から卵・甜菜・ハスカップ全てが北海道下川町の素材だけでつくる『ハスカップぷりん』を期間限定で販売します。

2021年8月11日~北海道下川町卵屋さんの本気ぷりんに新フレーバー「ハスカップ」が登場!

観光で行きたい都道府県ランキングで1位に選べれられるほど大自然や美味しいものが多い北海道。北海道の中心部より少し上にある森林の町下川町で丁寧に育てたトマトとフルーツを栽培している及川農園とのコラボ商品が実現しました。及川農園では、7年前から栽培にチャレンジし始めたハスカップ。強い酸味とコクが特徴のハスカップが濃厚で後味さっぱりとしたあべ養鶏場の「下川六〇酵素卵(しもかわろくまるこうそらん)」との相性の良さに驚く事でしょう!

えっぐぷりんは、昆布酵素・乳酸菌混ぜたエサで飼育環境にこだわり、日本一安心・安全な卵を目指して作っている「下川六〇酵素卵」と、ぷりんを作るときに使う甜菜・塩・全て『北海道素材』。

そのえっぐぷりんに、及川農園のハスカップフレーバーがマッチングし、ザ・北海道ぷりんの誕生です。

北海道でしか栽培していないハスカップは苫小牧市が有名ですが、下川町で唯一栽培している及川農園のハスカップを使用し、全て北海道下川町の素材だけで作るぷりんが完成しました!
下川町の美味しさをギュッとぷりんに閉じ込めた「えっぐぷりんハスカップ」はお盆の帰省時のお土産にも喜ばれる事でしょう。

▷Instagram https://www.instagram.com/eggpurin.hokkaido/

えっぐぷりんハスカップ 商品概要

【 商品名 】 えっぐぷりんハスカップ
【 価格 】 480円(税込)
【販売期間】 2021年8月13日~10月初旬(※販売期間は予告なしに変更となる場合があります。)
(札幌駅直売店は2021年8月8日より先行販売します。)

【販売店舗】あべ養鶏場 えっぐぷりん
■Emio武蔵境店
東京都武蔵野市境南町2丁目1-13 Emio武蔵境1F 
営業時間:10:00~21:00
■グランデュオ立川店
東京都立川市柴咲町3-2-1 グランデュオ立川1F 
営業時間:10:00~21:00
■西武新宿ぺぺ店
東京都新宿区歌舞伎町1-30-1 西武新宿ぺぺ2F 
営業時間:11:00~22:00
■札幌駅直売店
北海道札幌市北区北6条西4丁目札幌駅東口 
営業時間:9:00~21:00

※政府からの要請により営業時間が変更になる場合があります。

『あべ養鶏場 えっぐぷりん』とは

北海道下川六〇酵素卵町に位置する「あべ養鶏場」は1964年に創業。一年の寒暖差60度を名前にしたブランド卵「下川六〇酵素卵」をはじめ、ぷりん、燻製卵などオリジナル商品を展開。安心安全な卵づくりを通じて、人々の健康や地域の森、自然を育てるあべ養鶏場の商品を販売するショップ。
「東京にいながら、もっと気軽に『北海道』の美味しさを感じて頂きたい」という想いから誕生しました。卵は生活でどの食事にも、どのシーンでも食べる事の多い栄養価の高い食品として注目を浴びています。
卵をはじめ、えっぐぷりん、燻製卵など老若男女問わず幅広い年齢層の方に愛されるブランドを目指しています。

あべ養鶏場について

株式会社あべ養鶏場は、北海道でも北部に位置する森林の町、下川町にある創業58年目の養鶏場。この下川町の地であべ養鶏場は50年以上もの卵の生産をおこなっています。

数々の賞を受賞!

 ・マガジンハウス出版 雑誌Hanako ときめく!スイーツ大賞 受賞(2021年2月)
 ・北のハイグレード食品認定(2021年2月)
 ・第28回北海道加工品コンクール北海道知事賞受賞(2021年2月)
 ・札幌駅直売店1日1200個販売実績

及川農園について

1993年に就農してからフルーツトマトにこだわり抜き、現在も自然の声に耳を傾け試行錯誤を繰り返しながら地元の方から町外、道外の方まで旬の味を届けている農園。

及川農園のハスカップ

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.