セブン‐イレブン×伊藤久右衛門「ほうじ茶クレープ」 「ほうじ茶ティラミスパフェ」を販売開始!

投稿日:2021/09/21 18:01 更新日:

江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門(所在地:京都府宇治市、代表取締役:北村 公司)監修のほうじ茶スイーツ2種を、2021年9月21日(火)より順次、沖縄を除く全国のセブン‐イレブンにて販売します。

伊藤久右衛門監修 ほうじ茶スイーツ

数々の「セブン‐イレブン×伊藤久右衛門 宇治抹茶スイーツコラボ」に続き、初のほうじ茶スイーツコラボが登場!

今回のラインナップは、「ほうじ茶クレープ」と「ほうじ茶ティラミスパフェ」の2商品。伊藤久右衛門 宇治本店茶房では、お水ではなくほうじ茶をサービスしています。京都では馴染み深い「宇治ほうじ茶」。丹念に炒りあげた芳しい香りが主役のコラボレーションスイーツです。


▲伊藤久右衛門監修 ほうじ茶クレープ

「ほうじ茶クレープ」は、ほうじ茶クリームとほうじ茶ホイップクリーム、層を2段構えにし、クレープ生地で包みました。ほうじ茶クリームにミルクチョコを入れることで、軽い口当たりのなかにもコクを感じる味わいに仕上げました。


▲伊藤久右衛門監修 ほうじ茶ティラミスパフェ

「ほうじ茶ティラミスパフェ」は、マスカルポーネチーズを使用したほうじ茶ティラミスムースとほうじ茶蜜を絡めたほうじ茶わらび餅を層にし、上面にほうじ茶クリームを絞りました。ほうじ茶尽くしの表面には、きなこをふりかけています。なめらかなティラミスムースにつるりとしたわらび餅で、異なる食感ときりりと分かれた断面を実現しました。

グランシェフ 吉本氏


今回のスイーツを監修したのは、伊藤久右衛門「宇治菓子工房」をプロデュースするグランシェフ吉本多可人氏。老舗ホテルで10年間のキャリアを積んだ後、フランスへ留学。大手菓子店での修行などを経て、伊藤久右衛門へ入社。現在は、茶房メニューや「宇治菓子工房」スイーツの開発に携わる。2014年BUKOクリームチーズコンテスト入賞。2015年ノエルアリダスイーツコンテスト優勝。他受賞歴多数。

■商品概要

商品名  :伊藤久右衛門監修 ほうじ茶クレープ
販売価格 :192円(税抜き178円、税込み192.24円)
販売期間 :2021年9月21日(火)より順次
販売店舗 :沖縄除く全国のセブン‐イレブン
      ※関西一部エリア、長野県は9/27週~販売

商品名  :伊藤久右衛門監修 ほうじ茶ティラミスパフェ
販売価格 :300円(税抜き278円、税込み300.24円)
販売期間 :2021年9月21日(火)より順次
販売店舗 :沖縄除く全国のセブン‐イレブン
      ※関西一部エリアは9/27週~販売

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.