京都・福寿園「茶寮FUKUCHA」期間限定で「苺と宇治茶」フェアを開催

投稿日:2021/12/27 10:50 更新日:

京都・福寿園のカフェ店舗「茶寮FUKUCHA」にて、期間限定の「苺と宇治茶」フェアを1/8(土)よりスタートします。

昨年まで好評を得ていたフェア「抹茶に恋した苺3姉妹」を新たにリニューアルしての登場となっています。定番メニューとして人気のハーバルティーペアリングセットの苺バージョンなど、より楽しくエレガントに取り揃えています。また、鮮やかな緑色と風味豊かな抹茶をはじめとし、福寿園の茶師が徹底的にこだわり抜いた宇治茶を存分に使用しています。

苺と宇治茶フェア

自慢の宇治茶と旬の苺をまとったエレガントな3種類のデザート
販売期間:2022年1月8日(土)~5月15日(日)
     ※各10食限定/日

モンフレーズ 1150円

モンフレーズとは、フランス語で「苺の山」という意味。薄い半球にかたどったホワイトチョコレートに、抹茶のシロップを染み込ませたスポンジ生地と抹茶生クリームに苺を山のように積み上げた見た目もキュートなスイーツとなっています。抹茶のショコラソースをかけて。

フレーズペアリングセット 1650円

FUKUCHA定番メニューで人気のハーバルティーペアリングセットの苺バージョンとなっています。この時期限定の苺とハーバルティーのペアリングを楽しめるようになっています。
・ジンジャーブレンド玄米茶×苺のタルトフロマージュ
・ハイビスカスブレンドほうじ茶×苺のボンボンショコラ
・シナモンブレンド茎茶×苺のクリーム最中
・ペパーミントブレンド茎茶×大きなあまおう

マスカルポーネフレーズ 1450円

苺を10粒使用し、パフェの空間を生かすことでハーバリウムをイメージしました。苺に相性が良く軽いマスカルポーネクリームにスプーンを入れると、抹茶のショコラソースの鮮やかな緑色が流れだします。苺のチョコレートフリルがエレガントさを演出するスイーツとなっています。

使用している宇治抹茶

石臼でゆっくりと時間をかけて丁寧に挽き上げた高品質な宇治抹茶のみを使用しています。福寿園の茶師がシェフパティシエと試作を重ね、数百点もの原料のなかから今回のお菓子に最も相性の良い素材を厳選し、熱を加えても緑鮮やかで渋味が少なく旨味たっぷりの風味豊かな抹茶に仕上げています。

※価格はすべて税込価格です。
※画像はすべてイメージです。

シェフパティシエ 杉本 映(すぎもと えい)

子どもの頃から料理に親しみ、大阪の製菓専門学校で菓子づくりの基礎を学ぶ。京都のパティスリーやホテルでシェフを歴任。2019年、茶寮FUKUCHAオープンに伴い、シェフパティシエとして就任し、宇治茶の魅力を最大限に活かしつつ、テーマや世界観を大切にしたスイーツづくりへの挑戦を続けている。

販売店舗

■店舗名/茶寮FUKUCHA(さりょう ふくちゃ)京都駅店
住所/京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル
東塩小路町901 京都駅ビル 中央口2階
営業時間/8:30~20:00(L.O19:30)
定休日/不定休
TEL/075-744-0552

■店舗名/茶寮FUKUCHA 四条店
住所/ 京都府京都市下京区四条通富小路角 福寿園京都本店2階
営業時間/11:00~18:00(L.O17:30)
     土日祝日のみ 10:00〜18:00(L.O17:30)
定休日/毎週水曜日(福寿園京都本店に準ずる)
TEL/050-3152-2902

※今後の社会情勢に伴い、休業日や営業時間を変更する場合もあります

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.