エンポリオ アルマーニ カフェ“季節のパフェ”茨城のブランド苺「いばらキッス」使用の贅沢なパフェが登場

投稿日:2022/03/01 17:56 更新日:

「エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道」「エンポリオ アルマーニ カフェ 心斎橋パルコ」の大人気メニュー、季節ごとに食材が変わる月替わりの「季節のパフェ」。月初めに必ず、今月のパフェを食べにくる方もいるほどの人気メニューですが、年間を通して最も人気が高いのはやはり苺を使ったパフェ。今月は、茨城のブランド苺「いばらキッス」をふんだんに使った贅沢なパフェが登場します。

3 月のパフェ「苺“いばらキッス”酒粕 柚子のパフェ」がスタート!

3 月は、開発に8年を費やしたという茨城県のブランド苺“いばらキッス”と、日本で昔から愛されるスーパーフード「酒粕」、そして、今や世界に誇る日本の柑橘と言っても過言ではない「柚子」とを組み合わせた、パティシエのクリエイティビティあふれる1品が登場します。

トップ部分は、フレッシュないばらキッスとレンゲが飾り付けられ、赤白緑のイタリアンカラーを生み出しています。いばらキッスのしっかりとした甘みとバランスのよい酸味、豊かな果実味を楽しんだ後は、酒粕の芳醇な香りがぎゅっと詰まった酒粕のジェラートと、いばらキッスの豊かな風味をそのまま活かした苺のジェラートが登場。その後は、柚子酒でマリネしたいばらキッス、柚子の風味をプラスした滑らかでくちどけの良いクリームへと続きます。柚子といばらキッスのさわやかな風味とクリームの甘みが合わさり、絶妙なコンビネーションを生み出しています。クリームの下からは、ほんのり塩気を効かせたライスクリスピーとクランブルが登場し、食感に変化をもたらします。

さらに食べ進めると、お米のミルク煮が登場。酒米から着想を得たミルク煮は、ほんのりと甘く、どこか懐かしさを感じさせる優しい味わいです。最後は、柚子のゼリーと、いばらキッスを使った苺ソースで締めくくります。最後に登場するパーツは、「果実そのもののさわやかな香りが口の中に残ることで、食べ終わった後にもパフェの余韻を楽しめるように」という、パティシエの想いが詰まった構成です。

「苺“いばらキッス”酒粕 柚子のパフェ」は、3月1日(火)より3月31日(木)まで「エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道」と「エンポリオ アルマーニ カフェ 心斎橋パルコ」で楽しむことができます。

価格: パフェ 税込¥2,000 ※サービスチャージ(10%)が別途がかかります

展開店舗:エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道
     東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道1F
     エンポリオ アルマーニ カフェ 心斎橋パルコ
     大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋パルコ2F

【エンポリオ アルマーニ カフェとは】

エンポリオ アルマーニ カフェのコンセプトは「モダンでリラックスした雰囲気の中、カジュアルに洗練されたお料理やスイーツを楽しめるカフェ」。1998年にパリで世界最初のEMPORIO ARMANIカフェがオープンし、現在は世界9店舗で営業。日本では表参道店、心斎橋パルコ店の2店舗を展開。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.