亀屋万年堂“暑い夏でも食べやすい和菓子”ぷるぷるとろり食感の『黒須きなこのみつわらび』を期間限定販売

投稿日:2022/06/21 15:23 更新日:

株式会社亀屋万年堂(本社・工場:神奈川県横浜市都筑区折本町)は、暑い夏でも食べやすい和菓子をコンセプトに、ぷるぷるとろりとした食感の『黒須きなこのみつわらび』(3個入250円(税込)・期間限定)を2022年7月1日(金)より8月31日(水)ごろまで直販店舗(東京・神奈川28店舗)にて販売します。

▲黒須きなこのみつわらび

◆黒須きなこのみつわらび
ぷるぷるの柔らかなわらび餅の中にコクのある特製黒蜜たれをたっぷり包み込みました。一口食べると中から黒蜜たれがとろ~りと溢れます。別添の黒須きなこをかけると、より一層きなこの香ばしさが感じられます。暑い夏に冷やして食べたい期間限定の涼菓です。

黒須きなこのみつわらび 美味しさの三つの理由

その一、ぷるぷると柔らかなわらび餅
みつわらびのお餅は黒蜜たれに合うぷるぷるとした食感になるよう、一般的なわらび餅よりも柔らかく仕上げています。また、暑い時期でも食べやすいように冷やしても固くならないわらび餅になるようにこだわりました。

その二、コクのあるとろ~り黒蜜たれ
亀屋万年堂の「みつわらび」、最大の特徴はこの黒蜜たれにあります!最高級の和菓子用の白砂糖である和三盆を作る際に出る「和三盆糖蜜」と、さとうきびから作られミネラルが豊富で風味豊かな「素焚糖」を使用しており、味わい深いなめらかでコクのある黒糖たれを作り上げました。

その三、香り良い黒須きなこを使用
わらび餅に欠かせないきなこには香り良い「黒須きなこ」を使用しています。黒須きなこは京風きなこともいわれ、深煎りで大変香りが良く、通常のきなこよりも色目が濃いことが特徴です。黒蜜たれときなこの風味を両立させるにはこの黒須きなこが欠かせません。

▲冷やして食べる和の涼菓

さっぱりと暑い夜のデザートにも!

『黒須きなこのみつわらび』はさっぱりとした味わいで暑い日の夜にデザートとしてもおすすめ!食べる際は1時間冷やすと、より一層美味しく食べられます。亀屋万年堂直販店舗で事前の予約も受け付けます。ひとつからでも予約可能です。

商品情報

【商品名】黒須きなこのみつわらび
【販売価格】3個入 250円(税込)
【販売期間】7月1日(金)~8月31日(水)予定
【特定原材料(7品目)】特定原材料7品目を含まない
【カロリー】3個入 182㎉ (別添の黒須きなこを含む) 
【販売店舗】亀屋万年堂 直販限定28店舗
※商品の性質上オンラインショップでは販売していません。
※数量限定の商品です。売り切れの場合があります。

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.