日本茶きみくら本店茶寮 自社製和紅茶と秋の味覚を使った甘味のメニューが登場

投稿日:2022/09/09 11:31 更新日:

きみくら株式会社は、上質なお茶の時間を提供する「日本茶きみくら本店」の2階茶寮に自社製和紅茶と秋の味覚を使った甘味のメニューを2022年9月9日から期間限定で提供します。

秋の和紅茶パフェ(お茶付)1,600円

秋の味覚と和紅茶のハーモニーが愉しめる季節限定のパフェ。
さつまいもの中でも上品な甘みの静岡県産「紅はるか」と、ほっくりとした優しい味わいの栗、和紅茶を組み合わせました。
パフェは、すっきりとした味わいのホイップクリーム、香り豊かな栗のアイスや、くちどけなめらかな紅はるか芋のペーストや和紅茶のグラノーラ、白玉、和紅茶のゼリーなどが入っています。
優しい和紅茶と香り豊かな秋の味覚を愉しめるようになっています。

セットのお茶は、トンネル熟成茶、深蒸し掛川茶、抹茶、ほうじ茶、玉露の中から用意します。

絹氷 和梨と和紅茶(あたたかいほうじ茶付)950円

きみくらのかき氷「絹氷(きぬごおり)」。今年は秋限定のかき氷が登場しました。
絹のようにくちどけなめらかな氷に、穏やかで甘い香りの和紅茶蜜をたっぷりとかけました。
最初に和紅茶の優しい甘い香りを氷をひとくち、その後は別添えの梨をピューレ状にしたオリジナルシロップを少しずつかけて。

お茶2種と添え菓子  2,300円

きみくらセレクションISSEN「さえみどり」、トンネル熟成茶「秘壷蔵(ひこぞう)」と厳選したお菓子と愉しむ期間限定メニューとなっています。

太田昌孝氏「さえみどり」
農林水産大臣賞をはじめ、農林水産祭では栄えある天皇杯受賞経験を持つ、静岡県天竜の太田昌孝氏のさえみどりは、丁寧に手摘みされた美しい外観と品のよいかぶせ香とともに柔らかい甘みと旨みが広がる極上の煎茶となっています。
天皇陛下にも献上されたその技術が光る珠玉の逸品を愉しめるようになっています。

きみくらの秋を代表する深蒸し茶「トンネル熟成茶 秘壷蔵(ひこぞう)」
新茶時期に摘み取った一番茶の茶葉を茶師が仕上がりを見極め火入れし、静岡県浜松市の最北に位置する天竜の相津トンネルにあるワインセラーに搬入し、熟成させた深蒸し茶となっています。
年間を通じトンネル内の温度が一定に保たれ、ひと夏じっくりと熟成させ、深いコクと甘みが特徴となっています。
後熟のまろやかな味わいを季節の移ろいを感じさせるお菓子と一緒に愉しめるようになっています。

五種添え菓子
・秋のグラスデザート
・抹茶と栗の浮島(うきしま)
・山査子
・棗椰子バター
・最中アイス

数量限定 茶の香御膳 1,600円

隠れた人気メニュー、きみくらの自家製茶を使った御膳、第2弾は香り豊かなほうじ御膳。
10時~14時まで数量限定での提供します。

ほうじ茶香るきのこ御飯
お揚げと2種のきのこ、白米と玄米を自社製のほうじ茶で炊き上げた風味豊かな混ぜ御飯となっています。
口に含んだとき優しい甘味とほうじ茶の香ばしい余韻を愉しめるようになっています。

鶏肉のお茶味噌添え
しっとりと茹でた鳥のむね肉に自家製のお茶味噌を添えました。

小鉢3品(日替わり)
香の物
お吸い物(玉露の茶葉入り)
秋のグラスデザート
きみくらの庵

※10時~14時まで 数量限定で提供します

日本茶きみくら店舗紹介

日本茶きみくら本店はきみくら株式会社が運営している日本茶専門店。
自社工場で製造された深蒸し掛川茶をはじめ、県内の浅蒸し煎茶、お菓子やご贈答ギフトなどを販売しています。茶寮では、自家製の甘味とともに贅沢なお茶の時間を愉しめるようになっています。

日本茶きみくら本店
住所:〒436-0016 静岡県掛川市板沢510-5
営業時間:10:00-18:00(茶寮ラストオーダー17:30)
定休日:年末年始 座席数38席 駐車場あり

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.