台湾カフェ【春水堂】台湾の伝統的なヘルシースイーツ「豆花(トウファ)」の食べ放題プランを開始!

投稿日:2022/11/10 11:58 更新日:

株式会社オアシスティーラウンジ(東京都港区、代表取締役 木川瑞季)が運営する革新的アレンジティーと台湾茶食のカフェ「春水堂(チュンスイタン)」は、2022年11月24日(木)から春水堂の14店舗にて、台湾の伝統的なヘルシースイーツである「豆花(トウファ)」の食べ放題プランを開始します。豆花やシロップは何度でも注文できるほか、小豆やピーナッツなど6種のトッピングやお好きなドリンク1杯が付き、1,850円(税込)にて提供します。

▲春水堂豆花食べ放題

『豆花(トウファ)』とは

「春水堂」は1983年に台湾で創業した台湾カフェです。タピオカミルクティー発祥の店として人気を博し、台湾全土で50店舗以上を展開しています。2013年に春水堂初の海外展開となる日本の代官山店をオープン以来、様々な茶葉を使用し品質にこだわった上質なドリンクやスイーツで「タピオカドリンク」や「台湾スイーツ」のブームを牽引してきました。

『豆花(トウファ)』とは、豆乳好きの台湾人が愛してやまない、ヘルシーな台湾の伝統的スイーツ。絹ごし豆腐のような食感の豆乳プリンに、タピオカ、小豆、フルーツなどこだわりの素材をトッピングし、ほのかな甘みのシロップをかけていただきます。台湾では昔から朝食や甘味として親しまれており、地元っ子は必ずお気に入りの豆花店がある、と言われています。豆乳は大豆イソフラボンや各種ビタミンを多く含み、コレステロール値がゼロのため、美肌や美髪、栄養バランスを整える効果があると言われます。美容と健康に特に関心の高い台湾の女性にとても人気があるスイーツですが、タピオカミルクティーのブームを経て台湾グルメが人気の今、日本でも注目の高いスイーツです。

春水堂の「豆花」の特徴

春水堂の豆花は各店舗で豆乳100%から手づくりしており、つるっとした独特な食感を楽しめます。店舗で作る無添加のキビ砂糖シロップをベースに、かくし味にジャスミンティーを加えて仕上げたシロップがたっぷり注がれています。これまでシンプルな伝統スタイルの『タピオカ豆花』、フルーツの酸味と甘みを味わう『フルーツ豆花』、いくつもの味や食感のハーモニーが楽しめる『タピオカフルーツ豆花』などを提供してきました。

ドリンク付き「豆花食べ放題」が1,850円!

今回のプランには好きなドリンク1杯と6種のこだわりトッピング(苺、愛玉、小豆、ピーナッツ、タピオカ、マンゴー)が付いてきます。手作りの豆花とシロップは何度でもお代わりできて60分制1,850円(税込)で提供します。流行りの“ヌン活”にヘルシースイーツとしてのリストアップもおすすめです。

商品概要

商品名 : 『豆花食べ放題』(1,850円・税込)

内容   :
・ 豆花100gとシロップはお変わり自由
・トッピング(苺、愛玉、小豆、ピーナッツ、タピオカ、マンゴー各40g)
・お好きなドリンク(一部対象外のドリンクがございます、店舗限定商品はプラス100円)

*60分制
*予約不要、ひとりから注文可能
*当日分完売の場合は売り切れとなります
*店舗により用意できる席数に限りがあります。混雑時は待ち時間がある場合があります

発売日  : 11月24日(木)

販売店舗 :ルミネエスト新宿、西宮ガーデンズ店以外の全国14店舗

販売時間 :14時以降

【春水堂(チュンスイタン)】とは


▲台湾カフェ春水堂

タピオカブームの火付け役とも言われる春水堂は台湾・台中で1983年に創業した台湾カフェ。時代に合わせた革新的なお茶の飲み方を開発する中、伝統のホットティーをアイススイートティーとして広く定着させたほか、台湾ローカルスイーツの「タピオカミルクティー」発祥の店として人気を博し、台湾全土で50店舗以上を展開する国民的人気カフェ。2013年に東京・代官山へ日本初出店した際には3時間待ちの行列ができる店となり、ヘルシーで素材感たっぷりのアレンジティーやスイーツで“台湾スイーツブーム”を巻き起こしました。革新的アレンジティーと台湾著食のカフェとして、現在東京、大阪、福岡など全国に16店舗を展開中。

\ この記事をシェアする /

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2022 All Rights Reserved.