【フレッズカフェベーカリー】食材の産地、製造方法にまでこだわった「あんぱん/クリームパン」を発売!

投稿日:2023/01/15 11:51 更新日:

株式会社阪急ベーカリー(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長:中村 英紀)が運営する『フレッズカフェベーカリー』では、2023年1月16日(月)より、食材の産地、製造方法にまでこだわった2つの新商品を発売します。

「こだわりのたっぷりあんぱん」

 
価格:持ち帰り 270円(税込)・店内飲食 275円(税込)
北海道産小麦を使用した生地に北海道ようてい産小豆を使用した小倉あんをたっぷり包んだ粒あんぱんです。
 
※「小豆・砂糖・塩」食材への3つのこだわり

☆おいしさの秘密

1.「小豆産地のこだわり」

羊蹄産小豆のおいしさの秘密
★小豆に適した気候
小豆は夜間に気温が高いと糖分を消費してしまう特性を持つ。
近年の温暖化の影響により小豆の生産地が、本来の十勝管内より網走に向けて北進している傾向にある。
一方、羊蹄山麓は高地で気候が涼しく、昼夜の寒暖差が大きい。
そのため、小豆の生産に適した気候となっている。

★厳選原料安全、安心、安定
集荷するエリアを限定しており、安全な栽培、安心な原料、安定の品質を目指している。
そのため、トレースパック(生産履歴)が可能で、『見える化』にも特化した良質な小豆を集荷選別している。

※熟練の職人による昔ながらの製法

★四季に合わせた工程
その日の気温、湿度、豆の状態、蒸気釜の温度。
熟練の職人により見極められたそれぞれの要素。
それらを加味した上で、時間をかけてじっくりと炊き上げる。生産過程では何度も状態を確認し、余計なアクも手作業で丁寧に取り除く。

★最大限に引き出された小豆本来のおいしさ
時間をかけて加熱されることでゆっくりと小豆に砂糖が浸透し、尖りのない上品な甘さとなる。
本来の粒感・風味・色を最大限に残しながら、小豆の食感を残しつつも口溶けの良い餡に仕上げられる。 

2.「砂糖のこだわり」
北海道産甜菜100%使用爽やかで優しい甘味が特徴の砂糖。

3.「塩のこだわり」
オホーツク海水使用。職人がじっくりと昔ながらの薪炊きで煮詰めて作った塩。 

※「小麦粉のこだわり」
北海道美瑛産に限定・・・・・「ゆめちから」「きたほなみ」をベストなバランスでブレンド。
 

「こだわりのたっぷりクリームパン」

 

価格:持ち帰り 324円(税込)・店内飲食330円(税込)
北海道産小麦を使用した生地に蒜山ジャージー牛乳とバニラペースト入りカスタードをたっぷり包んだクリームパンです。

※「自社製カスタードのこだわり」
蒜山ジャージー牛乳使用を使用し、バニラペーストも入ったオリジナルカスタードをたっぷりと。

★蒜山高原
真庭市の最北に位置する蒜山高原は約500mの標高に位置しており、冷涼な気候が特徴です。
「弁当忘れても傘忘れるな…」と言われるほど年間降雨量が多く、冬期は沢山の積雪があります。

★ジャージー牛
日本で一般的な乳牛であるホルスタイン種に比べ、体も小さく生乳生産量は約3分の2程度と、牛乳の大量生産には向いていない品種であると言えます。その為、日本全国の乳牛頭数はホルスタイン種134万頭対し、ジャージー種は約1万頭しかいません。

★ジャージー牛のミルクは「ゴールデンミルク」
ミルクは乳脂肪分をはじめ、カルシウム、蛋白、乳糖、ビタミンなどの栄養成分がホルスタイン種より多く、濃厚な風味とコクを味わうことができます。
淡い黄色みをおびたそのミルクは「ゴールデンミルク」とも呼ばれ愛されています。

※「形状のこだわり」
アマンドクリームをトッピングすることでよりお菓子をイメージしたクリームパンを目指しました。

※「小麦粉のこだわり」
北海道美瑛産に限定・・・・・「ゆめちから」「きたほなみ」をベストなバランスでブレンド。

※写真はすべてイメージです。

\ この記事をシェアする /

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2023 All Rights Reserved.