シーキューブ、桜の香り豊かな春限定商品「桜のティラミス」を3/15より発売。

更新日:

洋菓子ブランド「C³(シーキューブ)」を展開する株式会社シュゼット(本社:兵庫県西宮市、代表取締役社長:蟻田剛毅)は、代表商品「ティラミス」をアレンジした『桜のティラミスL』と『桜のティラミスカップ』を全国の「シーキューブ」24店舗にて、2016年3月15日(火)から4月19日(火)まで期間限定で販売することを発表した。

sakura

【季節の手土産に最適な“春限定ティラミス”】
同ブランド自慢のティラミスを春仕様にアレンジした限定ティラミスは、桜の香りが際立つよう、刻んだ桜葉が入ったシロップをビスキュイにたっぷりと染み込ませ、桜の豊かな香りを閉じ込めた一品。

また代表商品の「ティラミス」と同様に、クリームにはこだわりの「北海道産マスカルポーネ」を使用しており、ふんわりとした軽い口当たりが楽しめる。

淡いピンクの粉糖と薄く削ったストロベリーチョコ、桜の花びらを象ったチョコレートもトッピングした、可愛らしく華やかなデザインの春スイーツは、毎年好評を博している。

【商品概要】 ※価格は税込
・商品名・価格:
①シーキューブ 桜のティラミスL 1,620円(約396g)
sakura

②シーキューブ 桜のティラミスカップ 486円(約100g)
sakura2

・販売期間:2016年3月15日(火)~4月19日(火)
・販売店舗:全国の「シーキューブ」24店舗(百貨店を含む)
・問合せ:お客様相談室 TEL:0120-917-225(平日9時~17時)
・HP:https://www.suzette-shop.jp/c3

【株式会社シュゼットおよび「シーキューブ」について】
1969年、兵庫県芦屋市で創業。喫茶、生菓子の販売から事業を開始し、現在は百貨店をはじめ幅広い販売チャネルを持つ「アンリ・シャルパンティエ」(86店舗)と、カジュアルなラインナップで駅ナカ・駅チカをリードする「シーキューブ」(29店舗)の 2つの洋菓子ブランドを展開。製造販売のほか、カフェ事業やOEM生産など、さまざまな事業を推進中。

「シーキューブ」のブランド名は1987年の誕生時から創り続けている代表商品「ティラミス」の素材であるコーヒー・チーズ・カカオの 3 つの“C”に由来。北海道の良質な小麦や乳製品、世界中から選び抜いた食材など、こだわりのある素材・技術・創造力を駆使した菓子を提供している。

【28年間、ティラミスを究め続ける「シーキューブ」】
1987年の誕生時から本格的なティラミスを日本に紹介。その技術を28年もの間、究め続けてきたティラミスは、世界から選び抜いたコーヒー豆を工場で挽き、香りと旨みを抽出したエスプレッソシロップをしみこませたビスキュイに、こだわりの北海道産マスカルポーネを使用し、コクがありながらも軽い口あたりのティラミスクリームを重ねた逸品。

「私を引っ張りあげて」という意味を持つ、北イタリア生まれのティラミスは、1990年頃に日本で大ブームとなったが、同店では常に主力商品としてティラミスの可能性を引き出す魅力的な商品を発表し続けている。

Copyright © SUZETTE Co. Ltd.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.