有限会社一山製陶所の「セラ・キュート」、2014年度グッドデザイン賞を受賞。「機能と形態がみごとに合致した無駄の無いデザイン」として高く評価。

更新日:

有限会社一山製陶所(さなえ窯)は、セラ・キュートがこのたび2014年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことを発表した。

約2年の歳月をかけ開発した「セラ・キュート」は、鍋本体とフタの接地面を特殊加工し、「密閉型構造」を採用。加熱するとフタの重みによる圧力状態下での調理を実現した。加熱蒸気で密閉性がさらに高まるほか、土鍋最大の特徴でもある保温性を生かし、遠赤外線効果で食材が美味しく仕上がる。

セラ・キュートは使いやすさと安全性を追求しながら生活シーンに調和するデザインに取り組んだ結果、特に「機能と形態がみごとに合致した無駄の無いデザイン」として高く評価された。同社では今回の受賞を契機にセラ・キュートの販売の拡大を図るとともに、ものづくりにおけるデザインの活用を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に務めていきたいとしている。

 

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
「鍋と蓋の擦り合わせだけで密閉性を高めて、無水料理が作れる土鍋である。 鍋と蓋の縁にリング状の擦り合わせ面を設けているが、ここの平滑度が出なければ圧力は逃げてしまう。歪み無く焼き上げるために粘土を選び、乾燥にも手間をかけるなど、時間をかけた開発の成果が現れている。幅広の縁は持ち手としても働き、機能と形態がみごとに合致した無駄の無いデザインである。(原文まま)」

グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
http://www.sanaegama.com

グッドデザイン賞受賞展「グッドデザインエキシビション2014(G展)」でセラ・キュートを出展
本年10 月31 日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2014(G展)」会場にて、セラ・キュートが本年度受賞作として紹介予定。「グッドデザインエキシビション2014(G展)」は最新のグッドデザイン賞受賞デザインが一堂に紹介されるイベントとして毎年人気を博している。

【グッドデザインエキシビション2014(G展)】
会期:10月31日(金)〜11月4日(火)
11時〜20時 (4日(火)のみ11時~18時)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)

Copyright (C) 2012 (有)一山製陶所 All Rights Reserved.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.