ベン&ジェリーズ、恒例のアイスクリーム無料配布を4月12日に実施。

更新日:

アメリカ生まれのプレミアムアイスクリーム「BEN&JERRY’S (ベン&ジェリーズ)」は、お客様へのありがとうの気持ちをアイスに込めて2016年4月12日(火)、「FREE CONE DAY (フリーコーンデー)」を世界中のスクープショップで同日開催、国内では全3店舗にて実施することを発表した。

d12599-27-894186-0

「フリーコーンデー」は、1978年、アメリカ・バーモント州でアイスのお店をはじめたベンとジェリーが、1周年を迎えた時、地元の人への感謝の気持ちとして、アイスクリームを無料で配ったのがはじまり。
以来37年、この日は世界中のベン&ジェリーズで、お客さまにありがとうを伝える日になった。日本での実施は5回目となり、昨年は約17,500人が参加している。2016年、国内では全3店舗(表参道ヒルズ店/ららぽーと豊洲店/コピス吉祥寺店)で開催。当日は、来店した方全員にアイスクリーム(スモールサイズ)を無料でプレゼント。各フレーバーはなくなり次第終了となる。

d12599-27-215207-1

【キャンペーン概要】
【日時】2016年4月12日(火)11時〜20時(ららぽーと豊洲は21時まで)
【店舗】表参道ヒルズ店/ららぽーと豊洲店/コピス吉祥寺店
【イベント内容】スモールサイズのアイスクリーム1杯を、ご来店頂いたお客様全員に無料配布。
【注意事項】
・1回のご来店につき、お1人様1杯ずつとさせていただきます。
・全てのフレーバーの中から1種類をお選びいただます。
・4月12日(火)の提供メニューは、無料配布するスモールサイズのアイスクリームのみとさせていただきます。別サイズのアイスクリーム、サンデーやシェイクなどのドリンク、メニュー、アイスクリームケーキ等の販売はございません。
・各フレーバーはなくなり次第終了となります。

<ベン&ジェリーズとは>
アメリカ・バーモント州で生まれたプレミアムアイスクリームのブランド「ベン&ジェリーズ」は、1978年、アイスクリームが大好きな2人の青年ベンとジェリーが、ガソリンスタンド跡地に開いた小さなお店から始まった。ゴロゴロしたチャンク(チョコレートやクッキーの具)が入ったユニークなアイスクリームはたくさんの人を虜にし、現在は世界36か国(アイスクリームショップを20か国で展開しているほか、小売のみの展開を16か国で行っている。)で展開している。日本では 旗艦店「表参道ヒルズ店」をはじめ、「コピス吉祥寺店」「ららぽーと豊洲店」の全3店舗で営業中。また関東エリアにつづき、関西エリアの高級食料品店やスーパーなどでもミニカップアイスクリームの販売を開始。

また、製造に関する同店のこだわりをベン&ジェリーズの「いいこと」として次のように公表している。
① 人工着色料や、成長ホルモン剤を使ったミルクは不使用。安心な原材料で作っています。
② 日本で初めての「国際フェアトレード認証」を受けたアイスクリーム。
③ 牛にも牧場の人にも地球にもハッピー!おいしいミルクのため、牧場の人と協働で持続可能な酪農を行っています。
④ 放し飼いで育てたニワトリの卵を使っています。
⑤ 未来のため、地球の気候変動問題に対してアクションを起こしています。
⑥ 社会をよりよく変えるためには、みんなが選挙で意志を示すことが大切だと考え、投票率アップのキャンペーンを行っています。

ベン&ジェリーズでは創業以来、「ビジネスには、そこで得たものを社会に還元する責任がある」という考えのもと、単に利益の一部を社会貢献活動に使うということではなく、ビジネス自体が社会に貢献するものになるよう、事業を展開。たとえば砂糖やバニラ、カカオなどの原材料は世界中の生産者と適正な価格で取引しており、日本で初めての「国際フェアトレード認証」を受けている。またおいしく安心なミルクのため、牛にも地球にもハッピーな持続可能な酪農法を牧場の人たちと協働で行っている。大切にしているのは「社会のためになることを、楽しい方法で行う」こと。これからもさまざまな楽しい取り組みによって、世の中をよりよくする、おいしいアイスクリームをみなさまにお届けしていきたいとしている。

公式HP:http://www.benjerry.jp/

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.