アメリカでブームの次世代発酵飲料「コンブチャワンダードリンク」に新フレーバー登場。

投稿日:2016/04/05 14:47 更新日:

株式会社クロンティップ(所在地:東京都豊島区)は“次世代のヘルシードリンク”として話題の発酵飲料「コンブチャ」を配合したオーガニック炭酸飲料「コンブチャワンダードリンク」の新味“ジュニパーベリー、スペアミント&レモンマートル”を新発売、同時にこれまで一部店舗での限定発売であった大容量のボトル(瓶)タイプも一般発売開始することを発表した。

kwd

「コンブチャワンダードリンク」は、紅茶やウーロン茶を発酵させたロシアやアジアに歴史を持つ伝統的な発酵飲料「コンブチャ」を手軽に楽しめるオーガニックコンブチャのブランド。
新味はこれからの季節にぴったり、リフレッシュ感抜群の、ジュニパーベリーをメインにしたさわやかな ハーバルテイスト。仕事や学校で集中したい時にぴったりのフレーバーとなっている。

コンブチャとは、紅茶やウーロン茶などのお茶をバクテリアと酵母菌でできた菌塊(スコビー)で発酵させた発酵飲料で、「昆布」は一切入っていない。
有機酸(グルコン酸、酢酸、乳酸)、アミノ酸やポリフェノールなどの豊富な栄養素を含み、フルーティーで酸味のある爽やかなテイストが特徴。またお茶ベースなので炭酸飲料より糖分が少なく、ソフトドリンクの代替として美容や健康に敏感な層に広く親しまれている。現在、主役級の次世代ヘルシードリンクとして、アメリカでは 数十を超えるブランドが誕生するほどの人気ドリンクとなっている。

KWD002-m-06-dl

特長
・多様で豊富な栄養&オーガニック
コンブチャが発酵する過程で生まれる有機酸、アミノ酸、ポリフェノールなどの多数の有益な栄養素をいつでも手軽に缶飲料で摂取できます。砂糖控えめ(一般的なソーダの約4分の1)で、オーガニックなので美容健康を気遣う人にすすめている。

・常温で長期保存可能なのは「コンブチャワンダードリンク」だけ
2001年の米・オレゴン州ポートランドで設立されたコンブチャワンダードリンクは、コンブチャを販売する数多くの全米の会社の中で唯一、常温&長期保存を可能にしたブランド(2015年現在)。発酵過程で作られる豊富な栄養素はそのままに生菌のみを丁寧に低温殺菌することで実現した。

・著名なティーマスターによるグルメな4種のフレーバーレシピ
アメリカのお茶業界を革命的に成長させた紅茶ブランド【STASH】【TAZO】の共同設立者であり、コンブチャ専門の著作も持つティーマイスター、スティーブン・リ-氏が長年のお茶の知識を活かして作り上げたフレーバーレシピ。
1つ1つにこだわりのオーガニック原料を使用、今話題のヘルシーな“コンブチャカクテル“作りのベースにも活躍できるとしている。

商品概要
【内容量】414ml
【価格】オープン
【ボトルタイプ販売店】PLAZA 各店(一部店舗除く) ほか
online:(新味は4月下旬以降発売)http://www.recocochi.com/ ほか
※常温保存可能、賞味期限18ヶ月

kwd

アジアンペア&ジンジャー(写真左中):洋ナシの香りが爽やかな一番人気のフレーバー、オーガニックウーロン茶ベース
原材料名:有機ウーロン茶,エキス、有機きび砂糖、イースト、有機しょうがエキス、香料
(NEW)ジュニパーベリー、スペアミント&レモンマートル(写真中央):ジンの香りづけでお馴染みのジュニパーベリー(セイヨウネズ果実)とスペアミントの清涼感に、レモンマートルの香りも加わったハーバルフレーバー。オーガニックグリーンティーベース
原材料名:有機緑茶エキス、有機きび砂糖、有機ウーロン茶エキス、有機セイヨウネズエキス、有機スペアミントエキス、有機レモンマートル、イースト
グリーンティ&レモン(写真右中):オーガニックレモンの香りが効いたすっきりした飲み心地、オーガニックグリーンティーベース
原材料名:有機緑茶エキス、有機きび砂糖、有機ウーロン茶エキス、有機レモンエキス、イースト
トラディショナル(写真右):一番ベーシックなフレーバー、オーガニックウーロン茶ベース
原材料名:有機ウーロン茶エキス、有機きび砂糖、イースト

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.