人気チーズ専門店が監修した、チーズにマッチする日本酒「MatCheese」が誕生。

更新日:

リカー・イノベーション株式会社は、チーズに合う日本酒「MatCheese」を、南青山の人気チーズ専門店「DAIGOMI(ダイゴミ)」監修のもと、徳島県・三芳菊酒造と共同で企画・開発したことを発表した。それに伴い、2016年6月2日(木)より、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」各店で提供を開始する。

d6894-49-206331-2

南青山の人気チーズ専門店「DAIGOMI」監修のもと、日本酒の飲み比べ店舗を運営している「KURAND」と、製造元である徳島県・三芳菊酒造が共同で企画・開発した同商品は、チーズにベストマッチする日本酒である。チーズと日本酒のマリアージュを提案することで、より多くの人々に日本酒を楽しんでもらうことを目的としている。

d6894-49-994302-3

元来、チーズにはワインが合うと言われているが、 チーズはミルクを発酵させて造り、日本酒も米を発酵させて造られた同じ発酵食品なので、お互いの味を引き立て合い、絶妙にマッチする。もともと日本酒には、「いかの塩辛」や「からすみ」など、旨みやコクの強い食材がよく合うと言われており、チーズも旨みやコクの強いものが多いことから、日本酒と非常に合う食材と言える。また、日本酒はアミノ酸を主体とした旨味成分が強いので、チーズのクセも上手く取り入れることができる。

濃醇な甘さと、酸味が際立つ味わいの日本酒で、ワイン酵母を使用しているため、まるで白ワインのような酸味が特徴。貴腐ワイン(糖度の高い、極甘口のワイン)に近いテイストだが、すっきりと後味は軽快で、チーズと日本酒の最高のマリアージュが堪能できる。

d6894-49-566867-4

【監修「DAIGOMI」松田氏プロフィール】
千葉県出身、東洋大学社会学部卒業。16歳からカフェ、居酒屋、レストラン等の店舗型飲食店やフェスにおけるケータリングや水タバコサービスなどで働き、2012年に株式会社アプトに入社し「1K~Tokyou Share Dining~」にて店長職を経験。2013年9月にチーズに特化した飲食店チーズレストラン「DAIGOMI」、2015年5月にチーズレストラン「DAIGOMI minamiaoyama」を立ち上げる。2016年4月に株式会社アプトを退職し、現在フリーランスで飲食店のコンサルティングやチーズの普及に務める。

<商品コメント>
『「MatCheese」は、フレッシュチーズ(モッツァレラチーズ)との相性が特に良いです。「MatCheese」は、飲んだ直後にしっかりとした甘みのある香りと味わいが広がります。チーズははちみつともとても相性が良く、それを彷彿とさせるようなコクを持っていて、モッツァレラチーズのようなミルクの甘みを引き立たせてくれます。キレもあるので、はちみつのようなしつこさはなく、モッツァレラチーズと合わせた時の余韻にチーズの味をしっかりと残してくれます。また、はちみつと抜群に相性の良いブルーチーズと合わせてあげても、青カビのピリっとした酸味とマッチーズの甘みのマリアージュを楽しめます。』(原文まま)

d6894-49-100563-5

【商品概要】
■アルコール度数:15度
■使用米:兵庫山田錦等外米
■使用酵母:ワイン酵母
■精米歩合:70%
■日本酒度: -2
■酸度:2.2
■アミノ酸度: 1.6
■商品URL:http://kurand.jp/product/13258/

d6894-49-685423-1

【KURAND SAKE MARKETについて】
全国各地のまだ表に出ていない、蔵元がこだわり抜いて造る100種類以上の日本酒が時間無制限で飲み比べし放題の日本酒専門店。4/6(水)に4号店となる新宿店をオープン。新宿店オープンに伴うクラウドファンディングでは、過去最速のわずか2時間でプロジェクトの目標金額を達成し、過去最高金額2,972,500円を集めた。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.