RIZAP監修・糖質を抑えた「コミットスイーツ」3種が累計販売数100万個を突破。

更新日:

RIZAP株式会社(本社・東京都新宿区、代表取締役社長:瀬戸 健)は、株式会社ドンレミー(本社・東京都足立区、代表取締役:木本 髙一朗)と共同開発・完全監修し、2016年5月1日より3ヶ月の期間限定発売しているコミットスイーツ3品「コミットチョコパフェ」「コミットプリンパフェ」「濃厚コミットチーズケーキ」の総売り上げ個数が、100万個を突破したことを発表した。
同シリーズは、発売以来、爆発的な売れ行きを記録し、売り切れの店舗が続出するなど、多くの消費者より支持されてきた。販売は6月末で終了となる。

d19892-4-409879-0

【コミットスイーツとは】
「コミットプリンパフェ」「濃厚コミットチーズケーキ」を4月19日(火)よりミニストップ株式会社にて先行発売。その後「コミットチョコパフェ」を仲間に加え、全3種類で全国一般発売が開始となった。

「スイーツは食べたいが、糖質が気になる」という人向けに、ライザップが完全監修の元、糖質10g以下、糖質を50%カット(※1)に抑えたコミットスイーツの開発に成功。糖質をカットした分、美味しくないと思われがちな商品の味にもコミットしたいという想いから、お菓子の原料の中でも糖質の高い砂糖と小麦粉に着目し、小麦粉は糖質が低く食物繊維が豊富なふすまを配合、砂糖の代わりに「カロリーゼロ」で血糖値の上がりにくいエリスリトールを一部使用することで美味しさをそのままに、糖質50%カット(※1)を実現した。

中でも『濃厚コミットチーズケーキ』は、その名のとおり低糖質でありながら、その美味しさにとことんコミットした商品となっており、糖質は5.9g(※1)と通常のチーズケーキより糖質(※1)を57%(※2)もカットして商品化することに成功した。糖質を抑えていながらも通常のチーズケーキ同様に濃厚で食べ応えのある一品となっている。

(※1)エリストールを除いた糖質量(分析値)。
(※2)ドンレミー2013年商品(現在終売)濃厚フロマージュ(100g)あたりと比較。

【低糖質スイーツ ラインナップ】
<コミットチョコパフェ>
糖質を抑えたチョコムースとスポンジに軽い食感のホイップクリームとショコラクリームを重ねた一品。トッピングには糖質を抑えたチョコソースにブラウニーとアーモンド、ピスタチオをのせている。
d19892-4-808189-5

・希望小売価格:オープンプライス
・内容量:116g
・糖質:8.9g ※エリストールを除いた糖質量
・主要売場:CVS、量販店、一般小売店
・ターゲット:20代~40代男性
・ベネフィット:糖質が気になる人でも、スイーツを楽しみながら糖質をコントロールできる。
d19892-4-636912-3

<コミットプリンパフェ>
糖質を抑えたスポンジとカスタードムースにカスタードホイップを重ね、トッピングには糖質を抑えたプリンと網目メロン、マンゴーダイス、苺ソースをのせた一品。
d19892-4-306789-6

・希望小売価格:オープンプライス
・内容量:130g
・糖質:9.2g ※エリストールを除いた糖質量
・主要売場:CVS、量販店、一般小売店
・ターゲット:20代~40代男性
・ベネフィット:糖質が気になる人でも、スイーツを楽しみながら糖質をコントロールできる。
d19892-4-353981-2

<濃厚コミットチーズケーキ>
自家製スポンジに、糖質を抑えたベイクドチーズ生地を流し込み、じっくり焼き上げた一品。粉を極力抑えたことで、チーズを食べているかのような味わいとほろほろと口どけの良い食感が楽しめる。
d19892-4-363229-7

・希望小売価格:オープンプライス
・内容量:52g
・糖質:5.9g ※エリストールを除いた糖質量
・主要売場:CVS、量販店、一般小売店
・ターゲット:20代~40代男性
・ベネフィット:糖質が気になる人でも、スイーツを楽しみながら糖質をコントロールできる

▼RIZAP株式会社:http://www.rizap.jp/

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.