ポテトとジンジャーエールの専門店「Brooklyn Ribbon Fries」、原宿に3店鋪目をオープン。

更新日:

クラフトフードブランドのBrooklyn Ribbon Friesは、フライドポテトとジンジャーエールの専門店3店舗目となる原宿店「Brooklyn Ribbon Fries」を2016年7月1日にオープンさせることを発表した。
s_sub1
今度のお店のコンセプトは「POTATO KIOSK」。オーダーが入ってから一つ一つ丁寧にポテトをカットし揚げて味付けして、というBrooklyn Ribbon Fries(以下、B.R.F)ならではのクラフトマンシップはそのままに、原宿のストリートを行き交う人々が気軽に立ち寄れる「街の便利なポテト屋さん」を目指したいとしている。
あの螺旋状になが~く繋がるフライドポテトを、片手で手軽に食べ歩きできるようパッケージを新設計。ポテトにベストマッチするジンジャーエールもDRY味を追加してパワーアップ。更に、原宿店ならではの限定メニューをラインナップする。

注目の新メニューは「 Chocolate Ribbon Fries 」と「 B.R.F Shaved ICE 」。Chocolate Ribbon Fries は、ほんのり塩味を効かせたリボンフライに、こだわりのチョコレートを贅沢にコーティングした新しい食感。
s_sub6
B.R.F Shaved ICE は、シルクのように滑らかにシェーブされたアイスに、B.R.Fジンジャーシロップにハニー&ミルクをミックスした「ハニージンジャーミルク」や「ソルティキャラメルソース」などスペシャルフレーバーをラインナップ。これらは原宿店のみの限定のメニューとして展開する。
s_sub5
■Brooklyn Ribbon Friesとは
「ポテトとジンジャーで世界を平和にする」がモットーのクラフトフードブランド。2012年に表参道で小さなフードベンダー(屋台)から始まったフライドポテトとジンジャーエールの専門店「Brooklyn Ribbon Fries」は、2013年に衝撃的な味のジンジャーシロップを発売。2014年に駒沢にブルックリンスタイルのアメリカンダイナーをオープン。そしてこの度、3店舗目となる原宿店を誕生させる。
ポテトとジンジャーの組み合わせは、シンプルでありながら、最高に美味しい食を生むことができるとし、このシンプルなコミュニケーションで「世界に笑顔をたくさん創りたい」という想いがB.R.Fのクラフトマンシップの原点となっている。
s_sub3
■店舗情報
「Brooklyn Ribbon Fries "HARAJUKU"」
東京都渋谷区神宮前3-23-2 (明治通り沿い 竹下口交差点徒歩30秒)
http://brooklynribbonfries.com/

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.