美しすぎる日本酒ボトル「錦鯉」、世界3大広告賞を受賞。

更新日:

新潟「沼垂(ぬったり) 醸す地区」の今代司酒造株式会社(所在地:新潟市中央区、代表取締役社長:田中 洋介)は、同社が製造する日本酒『錦鯉』において、世界3大広告・クリエイティブ賞とされる「カンヌライオンズ」および「ワンショウ」の両賞をはじめ、発売からこれまでに世界各国で合計9つのデザイン賞を受賞したことを発表した。
また、デザインのみならず酒質における評価でも、世界最大規模・最高権威とされる「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」も受賞した。

img_106769_1

■日本酒『錦鯉』 デザイン関連受賞歴
賞:カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル 銅賞
(Cannes Lions International Festival of Creativity)
国:フランス
URL:https://www.canneslionsjapan.com

賞:ワンショウ(The One Show) 金賞
国:アメリカ
URL:https://www.oneclub.org

賞:iF デザイン アワード(iF Design Award)
国:ドイツ
URL:http://ifworlddesignguide.com/if-design-award-2016

賞:エーダッシュ・デザインアワード(A' Design Award) プラチナ(部門最高賞)
国:イタリア
URL:https://competition.adesignaward.com/

賞:FABアワード 金賞
国:イギリス
URL:http://www.fabawards.com/

賞:D&ADアワード グラファイト(銀賞相当)
国:イギリス
URL:http://www.dandad.org/en/d-ad-awards/

賞:ペントアワード(Pentawards) 入賞決定(受賞クラスの発表は9月)
国:ベルギー
URL:http://www.pentawards.org/jp

賞:アジア・デザインアワード(Design for Asia Award) 銅賞
国:香港
URL:http://www.dfaa.dfaawards.com

賞:トップアワード・アジア(Topawards Asia)
URL:http://www.topawardsasia.com

■日本酒『錦鯉』 酒質関連受賞歴
賞:インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銀賞
(International Wine Challenge(IWC))
国:イギリス
URL:http://www.internationalwinechallenge.com/

img_106769_3

■飾っても楽しめるパッケージ
2015年5月1日に発売されたこの同商品は、ボトル自体が錦鯉の姿を表現しており、錦鯉の形にくり抜かれた窓のついた「付属カートン」に入れることで、よりわかりやすく“錦鯉を観賞”できるデザインとなっている。土産や贈答品としての利用にも最適。
img_106769_2

■日本の魅力を錦鯉と日本酒のコラボレーションで世界に発信
国内での需要だけでなく、アメリカやヨーロッパ、さらに香港やシンガポールといったアジア各国からの問い合わせが増加したり、海外客が今代司酒造直売所や国際空港内の免税店で購入する機会が増えたりと海外からの評価も高まっている。

観賞魚である錦鯉は日本の風土や文化を、日本全国そして世界に伝えているが、同社では同商品が全国・世界に知られることでも、日本の風土や文化、さらに日本酒の魅力を伝えることができるとしている。

■酒としてのクオリティも間違いのない評価
錦鯉のように華やかで、清らかさの中に堂々とした味を感じられる同商品。頭で飲む人が増えてしまった現代へのアンチテーゼとして、酒のスペックは非公開となっているが、デザインだけでなく酒質についても国際的な評価を獲得している。

img_106769_4

■「今代司酒造」関連ページ
公式サイト:http://www.imayotsukasa.com
Facebook:https://www.facebook.com/jyunmaisyu
Instagram:https://www.instagram.com/imayotsukasa_jp

■デザイン協力「BULLET Inc.(Art Director/Graphic Designer 小玉 文)」関連ページ
公式サイト:http://bullet-inc.jp

■今代司(いまよつかさ)は「金魚酒」ならず 威風堂々たる「錦鯉」
かつて、まだ日本酒が樽で出荷されていた時代、たくさんの量を売ることができるよう、酒蔵は酒を酒屋に売る時に水で薄めて出荷し、酒屋も消費者に売る時さらに水で薄めていたといわれており、世間では金魚が泳げるほどに水で薄められた酒という揶揄が込められた「金魚酒」という言葉があったという。
しかしそのような時代でも、今代司酒造は薄めることなく出荷していた為、酒屋から大変喜ばれたという話が伝わっている。さらに「今代司は「金魚酒」ならず 威風堂々たる「錦鯉」」という言葉もあったとされている。
そこで同酒造では、かねてより発売を検討していた同商品を、「鯉の日」でもある2015年5月1日に発売した。

・希望小売価格:5,000円(税抜)

■今代司酒造株式会社について
創業1767年の全量純米仕込みの酒蔵。新潟駅から徒歩圏内にあり、酒・味噌・納豆・醤油などの発酵食製造業が古くから集まる「沼垂 醸す地区(ぬったり かもすちく)」に位置する。江戸から明治時代に栄えた湊町・新潟の風情を残す酒蔵は見学もでき、日本の伝統である酒造りの世界を今に伝えている。
平成26~27年度 関東信越国税局酒類鑑評会 優秀賞受賞(2年連続)。

▼今代司酒造 直営オンラインショップ
http://www.imayotsukasa.com/index.html

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.