日本一高価な「幻の間人蟹」が解禁。京丹後唯一の京都老舗の会認定旅館「炭平旅館」が初蟹プランを11月7日より開始。

更新日:

京丹後の老舗旅館「間人(たいざ)温泉 炭平」(所在地:京都府京丹後市、代表取締役:中江 幹夫)は、間人蟹漁の解禁に伴い、毎年3,500人が予約する冬季限定の「究極!特大間人蟹フルコースプラン」など全10種類の間人蟹プランの予約を2014年11月7日に開始することを発表した。
同旅館は、2013年冬季最大客室稼働率77.9%、平均稼働率75.2%を記録、今年度も既に1,500人の先行予約が入っており、昨年を上回る予想。

■皇室献上品よりも希少価値の高い幻の間人蟹とは
<幻の蟹“間人蟹”とは>
京都府の丹後半島の間人港に水揚げされた蟹のこと。間人漁港は、小型の底引き網船が5隻だけの小さな漁港である。小型の船なので天候が荒れた日には漁ができないため、特に日本海が荒れる12月から2月の間は、間人漁港に蟹が水揚げされる可能性は極めて限られてしまう。これが間人蟹が幻の蟹と呼ばれる理由だ。

<間人蟹のおいしさの秘訣は近海漁と40段階の評価基準>
間人港の底引き網船は、全国的には例がない、近場の漁場で網を引き、日帰り漁を行っている。そのため、蟹の鮮度と肉質を落とすことなく水揚げが可能。そして、水揚げされた蟹の大きさ、身の入り方、指のそろい方などを厳正にチェックし、約40段階に細かく選別される。

■炭平旅館の2014年秋の新作プラン 「究極!特大間人蟹フルコースプラン」
【特徴】
間人蟹の中では希少な特大蟹を、「茹」「活」「焼」「鍋」等、約10種類の調理法で、間人蟹の魅力を堪能するコース。

【蟹】
間人蟹 特大蟹(サイズ:約1.1kg~1.2kg)

【量】
1名に活蟹1杯分と茹で蟹0.5杯分

【プラン料理内容】
食前酒 紅芋酢、根菜煮鉢、茹で蟹、茹でこっぺがに、蟹炭火焼、蟹みそ甲羅焼、地魚3種のお造り、蟹しゃぶ、蟹鍋、蟹刺身、京野菜のマリネ、蟹雑炊、蟹みそ生、蟹みそしゃぶ、香物、デザート

■炭平旅館の間人蟹と調理法へのこだわり
同旅館は、蟹料理を提供する京丹後唯一の京都老舗の会会員として、間人港の漁師の厳しくも確かな仕事を届けたいとして、鳴き砂で知られる琴引浜産の琴引きの塩等の地産素材にこだわった調味料を使用し、10種類の調理法で様々な幻の間人蟹の旨みを提供する。

■施設概要
商号:間人温泉 炭平
所在地:〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人
TEL:(0772)75-0005
FAX:(0772)75-1476
事業内容:旅館、日帰り料理
URL:http://www.sumihei.com/ (「炭平」で検索可)

Copyright(c) SUMIHEI All rights reserved.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.