オイシックス、だれでも参加できる「Oisixの商品企画部」オープン。野菜の名づけ親になって、野菜1年分が当たるキャンペーンを開催。

更新日:

生活者との共創プラットフォーム『みんなの企画会議 Blabo!』を運営する株式会社Blabo(東京都渋 谷区、代表取締役: 坂田直樹)と、有機や特別栽培の農産物など安心食品宅配を提供するオイシックス株式会社(東京都品川区、代表・高島 宏平)は、7月3日より生活者と共同で商品開発をおこなうプロジェクトを開始したことを発表した。
本プロジェクトでは野菜のネーミング募集や野菜宅配セットのアイ デア募集するなど生活者の要望を取り入れた商品開発を行う予定で、第一弾として野菜のネーミングを募集している。


『 Oisixの商品企画部』は、野菜のネーミングや商品アイデアを募集するオンラインコミュニティで、Oisixには「ピーチかぶ」「トロなす」「みつとま と」などユニークな名前のついたスター野菜がある一方で、おいしいにも関わらずまだ名前のついていない野菜がある中で、日本中の発想力のある生活者にも参加を促し、一緒にスター野菜を育てるためにオープンした。
生まれたアイデアは実際に野菜の正式名称となったり、商品化される予定とのこと。7月中は採用されたアイデアのお礼として「野菜1年分」がプレゼントされるキャンペーンも実施中。

7月は「なす」「オクラ」「マイタケ」「たまご」「りんご」の野菜のネーミングを募集予定。
アイデア募集期間:2014年7月1日~2014年8月3日
賞品は、「Oisixのおいしい野菜1年分プレゼント」として、各野菜のネーミング募集において、ベストネーミングに選ばれた1名に野菜1年分をプレゼント。毎月1回野菜の詰め合わせセットを1年間送られる。

© 2014 Blabo Inc.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.