オフィス用品通販「アスクル」と弁当宅配「ごちクル」、法人向けサービス拡充に向け業務・資本提携契約締結。

更新日:

お弁当・ケータリング商品を宅配する総合サービス『ごちクル』を運営するスターフェスティバル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岸田 祐介、以下スタフェス)は、アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩田彰一郎、以下アスクル)を引受先とする第三者割当増資及び新株予約権付社債の発行等による総額28億円の業務・資本提携契約を締結をしたことを発表した。

2014-07-09 12.50.31

今後両社は、双方のお客様基盤とノウハウを共有し、提携シナジーを追求すべく、提携する協議を進めていきたいとしている。

■提携の背景
有 名店・隠れ名店のお弁当・ケータリングを提供する『ごちクル』は、「たくさんの人が集まる時間を、もっともっとハッピーに」をめざして、有名飲食店や外食 産業とタッグを組み、お弁当・ケータリング店舗を拡大、サービス拡充をはかり、創業からこれまでに提供商品600ブランド6,800種以上を取り揃え、累計で550万食を提供している。
一方アスクルは、オフィス用品通販サービスを展開するなか「お客様のために進化する」を掲げ、オフィスの枠組みを超えて、建築現場や工場・研究所向けの工具や理化学品や医療機関専用の医療材料のほか飲食店向け商品など、あらゆる仕事場で必要とされる商品をWeb を中心に拡販することにより、売上高の拡大を目指している。
このように法人企業を中心に多くのお客様の支持を頂いている両社が、このたびの業務提携により、双方のお客様基盤とノウハウを共有するなど提携シナジーを追求し、より良いサービスをお客様へ提供していきたいとしている。

■業務提携の内容
①スタフェスの中食サービス『ごちクル』をアスクルのサービスとして採用
2014年11月を目標に、スタフェスの中食サービス『ごちクル』をアスクルのサービスとして採用しお客様に展開することにより、スタフェスのお客様基盤をスピーディーに拡大させ事業成長に寄与したいとしている。
またアスクルはアスクルのお客様に対して新たなサービスのご提供が可能となることによりお客様の利便性および満足度の向上につながり、アスクル・スタフェス双方に相乗効果がうみだされるとしている。

②共同配送等による両社コストダウンおよびサービス進化
「ご ちクル」のお弁当・ケータリング商品の配送は、その事業の特徴からお昼および夕方の時間帯に集中する傾向があり、また中食事業は発展途上にあることから、 より配送密度を高めるとともに、配送を効率化することが必須となっている。『ごちクル』のお弁当をアスクルの100%子会社であるBizex株式会社 の配送サービスを活用し配送すること、またはスタフェス配送車の空き時間をアスクルサービスに活用することにより、配送密度および配送効率の向上を図るべく早急にテストを開始し、効果を見ながら順次対象エリア・時間帯を拡大し、両社のコストダウンを図っていきたいとしている。

© ASKUL Corporation.
© STAR FESTIVAL INC.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.