ヒルトン東京お台場、一日中ブッフェを楽しめる空間とグリルを追求するダイニングを同時オープン。

更新日:

ヒルトン東京お台場は、2016年12月31日(土)、2 階ロビーフロアに、ブレックファスト・ランチ・デザート・ディナーをブッフェスタイルで提供する「SEASCAPE TERRACE DINING(シースケープ テラス・ダイニング)」と、グリルの奥深さを徹底的に追求する「Grillogy BAR & GRILL (グリロジー バー&グリル)」を同時グランドオープンし、世界中の観光客を魅了する東京を代表するようなダイニング・デスティネーションとして進化を遂げることを発表した。

オールデイダイニング「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」は、新鮮で活力ある食材を使ったバラエティ豊かな料理がラインアップするブッフェレストランで、日中には眩い光が差し込み、夕暮れ以降はレインボーブリッジの対岸に都心の夜景が煌く贅沢な空間で、「Fresh(新鮮) Healthy(健康) Beauty(美容) Power(力強さ)」をキーワードに、採れたての野菜や魚介、スーパーフードをふんだんに活用したブッフェスタイルの食事をブレックファスト・ランチ・デザート・ディナーの4つのシーンで楽しめるようになっている。

朝捕れた鮮魚をその日のうちに提供するフィッシュポット(ブイヤベース)、ホテルメイドのスモークサーモン、香り高く薫製された彩り豊かな野菜に加え、シェフのライブキッチンによる「2ミニッツ鉄板」、国産牛のローストビーフ、さらには世界の先端都市で注目を集めるキヌアやチアシードといったスーパーフードが愉しめるサラダバーなど、クリエイティブでわくわくするような幅広いメニューを用意。

“おにぎり”クラブケーキ しば漬けマヨネーズ


また、ヒルトン傘下の国内ホテルで展開している「#ヒルトンスイーツ」コンセプトのもとに企画する季節に合わせたデザートブッフェでは、12月31日から2017年4月末まで、童話の世界に出てくるような「イチゴの香りに包まれた森」をテーマにしたストロベリーデザートブッフェ『Strawberry Forest~いちごの香りに包まれて』を開催する。

なお、同じフロアには、「シースケープ テラス・ダイニング」のブッフェで提供される料理の一部や、サンドイッチ、スイーツ、 コーヒーなどをテイクアウトで気軽に楽しめる「SEASCAPE SWEETS & COFFEE(シースケープ スイーツ&コーヒ ー)」も併設する。

「Grillogy BAR & GRILL (グリロジー バー&グリル)」で提供するのは、肉や魚介を炎の力で焼き上げるシンプルなグリル料理。シンプルだからこそ最適な焼き加減と厳選された素材から生まれる薬味が決め手となるグリル料理の中でもシグネチャーメニューとなる「トマホーク・ステーキ」は、重さが2kg以上にも達する骨付きの国産牛は圧巻。丸ごと炭火でじっくり丁寧に焼き上げた後、それぞれの肉の部位に最適な調理や味付けをほどこし、シェフ自らがお客にふるまう。

国産プライム“トマホークステーキ”2kg


「ウイスキー スモークサーモン」は、味覚に加えて視覚・嗅覚でも創造力をかき立てる独特な一品。皿に見立てたウイスキーボトルの上に、色鮮やかなイクラをあしらい美しく並べられたスモークサーモン。ボトルの蓋を開けるといぶした桜のスモークチップの香り立つ煙に包まれ食欲をさらに刺激。躍動感溢れるオープンキッチンで調理される、シェフのこだわりが凝縮したグリル料理の奥深さを存分に堪能できるようになっている。

ウイスキースモークサーモン サーモンリエットキャンディーバーを添えて


また、レストランに併設されたバーでは、グリルしたフルーツや野菜をアクセントに使用するなど、グリルバーならではのユニークなカクテルを楽しめるようになっている。

開業以来、人気の料亭のような風情のある日本料理「さくら」と、季節の食材をふんだんに取り入れた本格広東料理「唐宮」に加え、このたび新たに「シースケープ テラス・ダイニング」「グリロジー バー&グリル」が誕生することによって、ヒルトン東京お台場は、お客様の五感を満たすような新たなグルメ体験を提供する東京随一のダイニング・デスティネーションとしてさらなる進化を遂げる。

新年には、3階の地中海料理レストラン「オーシャンダイニング」と、現在2階にあるテイクアウトショップ「プレミア ムパレット」の新しい改装計画を発表予定。

ヒルトン東京お台場 総支配人のジェームス・マーフィーは、今回の発表にあたって次のように述べている。
「ヒルトン東京お台場は、ホテルのレセプションエリアに新たに2つのレストランをオープンし、2 階の空間を大々的に改装することで、お客様に格別な体験を提供できることを大変嬉しく思っています。新しいレストランは、上質の料理を
ヒルトン東京お台場 総支配人のジェームス・マーフィーは、今回の発表にあたって次のように述べている。
「ヒルトン東京お台場は、ホテルのレセプションエリアに新たに 2 つのレストランをオープンし、2 階の空間を大々的に改 装することで、お客様に格別な体験を提供できることを大変嬉しく思っています。新しいレストランは、上質の料理を 提供するコンテンポラリーな世界観を実現しており、東京の絶景を臨む東京随一の特別なダイニング・デスティネーシ ョンとして生まれ変わることを目指しました。」提供するコンテンポラリーな世界観を実現しており、東京の絶景を臨む東京随一の特別なダイニング・デスティネーションとして生まれ変わることを目指しました。」

■「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」
席数 239 席 (店内 131 席/テラス席 108 席)
営業時間 06:30 ~ 23:00 ※時期により営業時間を変更する場合あり。
ブレックファストブッフェ
06:30~10:30(土・日・祝日 11:00) 2,500 円/1,500 円(6~11 歳)

ランチブッフェ
11:30~14:30 3,200 円/1,920 円(6~11 歳)
11:30~14:30(土・日・祝日) 3,700 円/2,220 円(6~11 歳)

デザートブッフェ
15:00~17:00 3,000 円/1,800 円(6~11 歳)
15:00~17:00(土・日・祝日) 3,500 円/2,100 円(6~11 歳)

ディナーブッフェ
17:30~21:30 4,200 円/2,520 円(6~11 歳)
17:30~21:30(土・日・祝日) 4,500 円/2,820 円(6~11 歳)

アラカルト&ドリンクメニュー
10:30~LO22:00(ドリンク 22:30)
11:00~LO22:00(土・日・祝日(ドリンク 22:30))

テイクアウト(シースケープ スイーツ&コーヒー)
10:00~21:00

■「Grillogy BAR & GRILL (グリロジー バー&グリル)」

席数 114 席(店内 70 席/テラス席 44 席)、バー21 席

営業時間 ランチ 11:00~14:30(月~金)11:30~14:30(土・日・祝日)
ディナー 17:30~21:30
バー 11:00~23:00(日~木) 11:00~25:00(金・土)
※時期により営業時間を変更する場合あり。
予約・問い合わせ:直通 03-5500-5580(10:00~21:30、土・日・祝は、9:00~21:30)

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.