モスバーガー「とびきりハンバーグサンド」がリニューアル。限定「トマト&レタス」が通年販売に。

更新日:

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、2017年3月28日(火)から、全国のモスバーガー店舗
(一部店舗除く)にて、「とびきりハンバーグサンド」シリーズのソースを刷新する。同時に、「とびきりハンバーグサンド<トマト&レタス>」を定番商品として販売。今回の商品刷新による価格変更はない。

国産肉(豚・牛合挽き肉)を100%使用したハンバーグの「とびきりハンバーグサンド」シリーズは、通常パティの約1.5倍と食べ応えのあるボリュームに仕上げており、2008年の発売以来好評を博している。今回、使用しているソースを“醤油ソース”から“和風ソース”へとリニューアルし、また、これまで春夏の期間限定で販売していた「とびきりハンバーグサンド<トマト&レタス>」を定番商品として販売。ハンバーグの旨みや野菜の甘さなどを引き立てる“和風ソース”を使用することで、同じソースでも素材ごとに3商品それぞれの個性を楽しむことができるようになっている。
それに伴い、「とびきりハンバーグサンド<プレーン>」を「とびきりハンバーグサンド<和風ソース>」に名称変更する。

今回のリニューアルで登場する“和風ソース”は、国産丸大豆醤油、2種類の砂糖(グラニュー糖、三温糖)、ホールマスタード、モスオリジナルの赤味噌、トマトケチャップ、白ワインビネガー、バルサミコ酢、黒胡椒などを使用したソース。辛みをおさえた香りのよいホールマスタードを入れることで、味にキレと食感を加えた。また、モスオリジナルの赤味噌は、テリヤキバーガーのソースにも使用しているこだわりの素材で、隠し味としてコクと旨みを引き出している。

「とびきりハンバーグサンド<和風ソース>」(410円)※リニューアル・名称変更


国産肉(豚・牛合挽き肉)を100%使用したハンバーグに、オニオンスライスをのせ、“和風ソース”をかけ、シンプルに仕上げたハンバーガー。こだわりのハンバーグの旨みをじっくり味わうことができる。

「とびきりハンバーグサンド<チーズ>」(440円)※リニューアル


国産肉(豚・牛合挽き肉)を100%使用したハンバーグに、モスオリジナルの国産チーズとオニオンスライスをのせ、“和風ソース”をかけました。国産チーズは、北海道産の生乳100%で作られた濃厚な味わいの北海道産ゴーダチーズと、国産バターを使用しており、とろりと滑らかな口どけとミルキーな味わいが特徴。

「とびきりハンバーグサンド<トマト&レタス>」(460円)※リニューアル・新定番商品


国産肉(豚・牛合挽き肉)を100%使用したハンバーグに、“和風ソース”をかけ、トマトとレタスをのせ、マヨネーズタイプをトッピングしました。野菜の旨みをソースが引き立て、さわやかな酸味が感じられる商品。

■販売開始日:2017年3月28日(火)
■販売店舗:全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.