日本初・シンガポールのローカルフード「肉骨茶(バクテー)」専門店が赤坂にオープン。

更新日:

株式会社クロスロード・ファクトリーは、日本初となるシンガポールのローカルフード「肉骨茶(バクテー)」の専門店『新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)』の第1号店が、東京・赤坂の赤坂通りに2017年4月10日オープンした。オープン記念として4月末まで、大盛り無料または、2人以上で来店すると春菊茶をサービスする。

「新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)」は、近年シンガポール料理が注目されているなか、女性誌や旅行雑誌などに取り上げられることが多くなってきている「肉骨茶(バクテー)」専門店。

「肉骨茶(バクテー)」とは、骨付き豚肉を様々な香辛料や漢方、そしてたっぷりのにんにくとともに煮込んでコショウを効かせた、シンガポールを代表するローカルフードで、豚肉と漢方などのエキスで滋養たっぷりの料理。元々、シンガポールやマレーシアで働く中国人の肉体労働者の中で食べられたのが始まりで、肉体労働をする人々の栄養補給として、広く食べられるようになった。働く人たちの力になってきたバクテーは、シンガポールにおいて今でもスタミナ食として昼食や日本でいうラーメンの様にお酒を飲んだ後のシメや朝食としても人気を集めている。

店主自らが滋養だけでなくコラーゲンや漢方など美容成分もある「肉骨茶(バクテー)」に魅せられ、幾度となく現地に趣き、数々の名店の味を食べ歩いた上で、数年間をかけて独自のスープを研究し、幾度もの試行錯誤の末、完成させた選び抜いたスパイスが決め手のオリジナルバクテーを提供する。

同店オリジナル「肉骨茶(バクテー)」は、厳選した黒胡椒/白胡椒、にんにく、そして経皮・西洋当帰・八角をはじめ10種を超える漢方を季節に合わせて調合し、豚肉の旨味が引き出されたコラーゲンたっぷりのスープが当店オリジナル肉骨茶(バクテー)の特徴。ひとくち目ではパンチのある味が刺激的で、その後に後味がすっきりとしてるので後をひく味わいが特長。食べたことない新しい味でありながらどこか落ち着く不思議な感覚も楽しめるようになっている。化学調味料は一切使用せずに、旨味を実現。ライスとの組み合わせや湯条(揚げパン)との相性も抜群。
まだ日本では知名度の低いバクテーだが、同店で提供するものはシンガポール現地や、シンガポール駐在経験者たちからも絶賛され、本場を超えると評されている。

組み合わせ自由のカスタマイズメニューは全部で6通り

■SHOP INFORMATION
店名   : 「新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー)」赤坂1号店
オープン日: 2017年4月10日
所在地  : 東京都港区赤坂5-4-14
最寄り駅 : 東京メトロ「赤坂駅」7番出口徒歩30秒
営業時間 : 11時~21時 ※土日は11時~18時

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.