このまま食べられる宝石のような「シャポン」のデザインショコラ。パリで人気の商品が日本に上陸。

更新日:

パリに5店舗を構えるBean to barの老舗『シャポン』の国内初の店舗「シャポン自由が丘店」は、宝石の瑪瑙(めのう)を意味し、色とりどりのプリントが特徴の「アガーツ」が入ったパリジェンヌに大人気のデザインショコラを2017年4月20日から限定販売した。

製造に手間がかかるため、日本に輸入されるのは極僅かとなっており、デザインショコラは争奪戦が繰り広げられることは必至。


アガーツは宝石の瑪瑙(めのう)を意味し、色とりどりのプリントが特徴。このプリントは包み紙ではなく、ホワイトチョコレートにプリントされ、このまま食べることが出来る。
シャポンがまだバッキンガム宮殿のパティシエとして仕えていた時代の、プリンセスの宝石箱に入った瑪瑙(めのう)をイメージしているという。
アガーツが入った商品は、『プラリネ12アガーツ』と『プルミエ7ボールズ』の2種類。

宝石箱のような化粧箱に入った『プラリネ12アガーツ』は12粒入り。

美しいアガーツが見えるクリアケースに入った『プルミエ7ボールズ』は7粒入り。


『シャポン』は、2016年11月に開催された世界一のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」で、Bean to barショコラティエとして最高の賞を受賞。
カカオ豆の栽培から全ての工程を自ら手掛け、パリでは唯一の「Bean to barショコラティエ」として、パリジェンヌからの支持も熱い。
2017年1月には、国内初の店舗を自由ヶ丘にオープンさせ、地元住民だけでなく、ショコラファンからも絶大な人気を博し、日本全国から多くの客が訪れている。

バッキンガム宮殿での経験や、パリで30年以上の実績を携えた上で作り上げるシャポンのBean to barは、カカオ豆の産地ごとの違いを的確に表現しつつ、独自の味わいを実現しており、日本国内でもショコラ好きに人気が広がっている。

■店舗情報
店舗名:シャポン自由が丘店
住所:東京都目黒区自由が丘2-8-8 le ciel blue 102
営業時間:10時~20時 年中無休
http://chocolat-chapon-jp.packarts.net/

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.