ミシュラン掲載でラーメン業界はどう変わる。

更新日:

2014年12月2日、日本ミシュランタイヤ株式会社は、東京エリアの飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド東京2015」のセレクションを発表した。
今年は、都内ラーメン店22店舗が掲載され、話題を集めた。

ラーメン店が掲載されたのは、昨年より東京エリアのセレクションに登場した「ビブグルマン」カテゴリ。
「ビブグルマン」は、星が付かないお店の中でも5,000円で食事ができる、コストパフォーマンスが高いおすすめの飲食店・レストランを掲載している。
昨年はフランス料理とイタリア料理の2つのカテゴリーだけが対象だったが、今年より新たに和食のカテゴリーが加わった。全部で22種類もの和食に該当するカテゴリーが掲載され、非常にバラエティに富んだ内容となっている。
「ビブグルマン」は良質な料理を手ごろな価格で楽しめる店を紹介する役目を担っており、世界で発行されるミシュランガイドにはすべてビブグルマンが掲載され、海外ではすでに多くの読者に親しまれている。

この発表をうけ、掲載された東京・西早稲田「らぁ麺 やまぐち」店主、山口さんは喜びを語った。
「ラーメンが世界的にブームになっているとのニュースは見ていましたが、ミシュランがそれを取り込んでくれた事で今後加速するだろうと思います。」

また、自身の店がミシュラン掲載されたことについて、次のようにコメントした。
「濃厚スープが全盛だったところに、あっさりな清湯を全面に推した所と、その直後にその清湯系が爆発的に増えた事のタイミングが自分の追い風的に良かったと思っています。
ラーメン作りへの思いとしては、やはり食べて美味しいと言われる事を目指してますし、そう言われる事が最高の喜びですね。」

yamaguchi480
東京・西早稲田「らぁ麺 やまぐち」鶏そば
吉備黄金鶏をはじめとし豊後鶏のガラや丸鶏などを使用した100%鶏スープ

長年ラーメンを食べ続けているラーメンフリークの方々も喜びを明かした。

現役官僚でありながら年間700杯以上食し、TV「お願い!ランキング」などにも出演する"ラーメン官僚"こと田中一明さんは、次のようにコメント。
「今般、私の想像よりもはるかに多くのラーメン店がミシュラン掲載の栄誉に与ったことは、ラーメンが日本人の国民食として確固たる地位を築いたことを雄弁に示す証拠となったことと思います。これを機に、ラーメンがより一層親しみやすい食べ物として認知されれば、喜ばしい限りです。」

一方、人気ラーメン店は行列問題など近隣住民との間に課題も多く、喜びと同時に心配の声もあがっている。
演劇集団キャラメルボックス製作総指揮、年間500杯以上食すラーメンフリークとしても有名な加藤昌史さんのコメント。
「選ばれたのは小さいお店も多いので、今まで以上に行列が伸びたら近所迷惑などのトラブルの種になり、閉店に追い込まれたりするのではないかということが最も心配です。いずれ、整理券システムなどを導入する必要が出てくるのではないでしょうか。」

また、選ばれた店舗について、TVチャンピオン第6回ラーメン王、ラーメン評論家の山本剛志さんは次のようにコメントした。
「都区内で近年話題のラーメン店を多く載せていて、流石ミシュランと思います。ただ、あっさり清湯的な店が多い印象もあります。他のタイプのラーメン店も掲載し、ラーメン文化の奥深さを見せてほしかった、とも思います。」

ミシュラン掲載によって、国内人気の向上のみならず、これまで以上にラーメンの世界的な認知が広がることが予想されるが、近隣住民との間の問題など課題もあり、今後の動向に注目したい。

「ミシュランガイド東京2015」は、2014年12月5日から全国の書店で販売開始。
デジタル版は更新されており、有料登録にて閲覧が可能となっている。

■発売概要
タイトル:ミシュランガイド東京2015
発売日:2014年12月5日(金)
価格:本体3,000円+税、(税込3,240円)
ISBNコード:978-4-904337-10-3
発行:日本ミシュランタイヤ株式会社
■「ミシュランガイド・デジタル」概要
アドレス:http://michelinguide.gnavi.co.jp (PC&スマートフォン対応)
主な機能:ミシュランガイド掲載店の閲覧・検索、ブックマーク機能、店舗情報メール送信機能、地図閲覧・印刷機能、など
価格:年間2,376円(税込)もしくは、月額216円(税込)※書籍購入者は年間1,620円(税込)

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.