マック、McCafé by Baristaにて14商品が初リニューアル。

更新日:

日本マクドナルド株式会社は、専任バリスタが「本格カフェコーヒー」を提供するコーナー“McCafé by Barista”併設店舗にて販売している、エスプレッソをベースに使ったドリンク 14 商品をリニューアルした。

価格はそのままに、おいしく生まれ変わった商品を昨年 12月6日(水)より展開中。
2012年“McCafé by Barista”導入以来、エスプレッソをベースにしたコーヒーメニューを展開。そして、このたび市場のトレンドや嗜好の変化に合わせ、初のリニューアルを行った。

豆の種類やブレンド、焙煎度合、コーヒーの使用量を一新。はなやかな香り、さわやかな酸味、そして豆本来の程よい苦味とコクが味わえるエスプレッソに生まれ変わり、ミルクを使ったドリンクとの相性にもこだわった。

アラビカ種 100%のブラジル産、ホンジュラス産、グアテマラ産のコーヒー豆に加え、はなやかな香りをもつエチオピア産モカを新たにブレンドし、豆本来の特長が生きる浅めの焙煎にし、苦味だけではない「豆本来の素材の旨み」や、「味わい」、「香り」を楽しめるようになった。
1杯あたりのコーヒー豆の量も見直し、使用量を多くすることで、エスプレッソのコクや旨みが増し、豆の風味をより感じられるように。エスプレッソ単体の味わいはもちろんのこと、ミルクの甘みとの相性も抜群に仕上げた。

リニューアルの対象となるメニューは、カフェラテ、カフェモカ、キャラメルラテ、オレンジフレーバーラテ、アメリカーノ、カプチーノ、フラットホワイト、エスプレッソのホットドリンク 8 商品。アイスドリンクでは、アイスカフェラテ、アイスカフェモカ、アイスキャラメルラテ、アイスオレンジフレーバーラテ、アイスアメリカーノの5商品にエスプレッソフラッペを加えた、合計14商品。

■リニューアルのポイント
・コーヒー豆の種類&ブレンド:「エチオピア産モカ」が加わり、はなやかな香りとほのかな酸味が感じられ、より飲みやすく。
・焙煎度合         :最近のコーヒーのトレンドである「深煎り」から「浅煎り」へ。苦みだけではない「豆本来の素材の旨み」、「味わい」、「香り」を感じられる。ミルクの甘みと相性抜群。
・コーヒー豆の量      :豆量を見直し、エスプレッソのコクや旨みが楽しめる。

商品概要

・販売エリア:全国の“McCafé by Barista”併設マクドナルド店舗
・販売時間 :“McCafé by Barista” 営業時間中

~ホット~
・カフェラテ:Sサイズ250円/Mサイズ 290円
・カフェモカ:Sサイズ 300円/Mサイズ 340円
・キャラメルラテ:Sサイズ 300円/Mサイズ 340円
・オレンジフレーバーラテ:Sサイズ 300円/Mサイズ 340円
・アメリカーノ:Sサイズ 230円/Mサイズ 270円
・カプチーノ:Sサイズ 250円/Mサイズ 290円
・フラットホワイト:Sサイズ 250円/Mサイズ 290円
・エスプレッソ:Sサイズ 190円

~アイス~
・アイスカフェラテ:Mサイズ 290円/Lサイズ 330円
・アイスカフェモカ:Mサイズ 340円/Lサイズ 380円
・アイスキャラメルラテ:Mサイズ 340円/Lサイズ 380円
・アイスオレンジフレーバーラテ:Mサイズ 340円/Lサイズ 380円
・アイスアメリカーノ:Mサイズ 270円/Lサイズ 310円

~フラッペ~
・エスプレッソフラッペ:Mサイズ 370円/Lサイズ 410円

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.