ファミマがバーガー市場に参入、ファミチキなどを専用ソースで食べるバーガーの実験販売開始。

更新日:

ファミリーマートは、2018年5月から新商品「ファミバーガー」を関東地方の約50店で実験販売を行うことを発表した。

「ファミバーガー」は、「ファミチキ」や「ファミコロ」を専用ソースではさんでお客が自分で作る“出来立て”バーガーで、巨大成長中のバーガー市場への新たなアプローチ商品。出来立てのバーガーを専門店より安価で提供できることと冷凍バンズを温めて提供することから、廃棄コストや欠品による機会喪失を防ぐことができることを導入メリットとしてあげている。

お客がレジにて「ファミチキバーガーください」等を注文すると、店員が冷凍バンズをレンジで温める。温め時間は約10秒、具材やソースをバンズにはさむ作業はお客それぞれが行うため、レジの行列を長引かせる心配がないことも大きなポイントとなっている。

2018年5月から、関東地方の約50店で実験し、アイテム別の販売動向や、店舗でのオペレーションなどを確認予定となっている。

商品概要

①ファミチキバーガー 260円(税込)
②ファミコロバーガー 160円(税込)
③フィッシュフライバーガー 230円(税込)
2018年5月から、関東地方の約50店で実験販売を開始
商品名・価格は変更になる場合あり

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.