ジャンポール・エヴァン ドライ納豆と塩キャラメル風味を大胆に組み合わせた新作タブレットを発売

更新日:

JEAN-PAUL HÉVIN/ジャン=ポール・エヴァンは、2018年7月20日(金)から8月31日(金)まで、納豆を使ったタブレット“タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ”を全ブティックおよびオンラインブティックで販売する。

“タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ”とは?

赤い実のフルーツを思わせるコートジボワール、ガーナ産のカカオを使用したタブレットの平らな面に、ドライ納豆を敷き詰めた。甘く優しい口当たりのミルクチョコレートと塩のアクセントが納豆によく合う商品となっている。

“タブレット レ キャラメル フルール ドゥ セル エ ナットウ”が誕生するまで


以前から発酵食品に興味を持っていたエヴァン。いくつかの納豆を試食して選んだのが、神田・天野屋のドライ納豆。1846年(弘化3年)創業、老舗の天野屋は、日本産の遺伝子組換えでない、無農薬の大豆を使用したこだわりの納豆を製造している。

エヴァンは、ドライ納豆を試食してすぐに、「この特徴的な味は、フルール ドゥ セル(塩の花)を加えたキャラメル風味のミルクチョコレートに合うはずだ」と確信した。

【株式会社JEAN-PAUL HÉVIN JAPON】
ウェブサイト:http://www.jph-japon.co.jp/

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.