京都の名店から新商品 40℃の夏を涼しくする”モチとろスイーツ”が登場

更新日:

京西陣菓匠宗禅有限会社は、今や京都駅店にて1日1,000箱売れるわらび餅「串わらび」をさらに進化させた新商品「フルーツわらび」を8月12日に発売いたします。

フルーツわらびは、わらび餅生地にマンゴーやグレープフルーツの果肉やピューレを煉り込み、さらにフルーツの濃厚さを味わっていただくため、フルーツの特製果汁をわらび餅生地で包み込むという今までにない製法に挑戦しました。
しかしながら、液状の果汁をやわらかいわらび餅で包むため、果汁の重量のためにわらび餅の形が保てず、中の果汁が流れ出てしまいました。
そのため、何度もわらび餅の弾力と果汁のトロみを調節し、ついに濃厚なフルーツ果汁を包み込むことに成功しました。

味はマンゴー、パイナップル、キウイ、グレープフルーツの4種類。
ひと口サイズのフルーツわらびを噛みしめるとモチモチっとしたわらび餅の食感とジュワ~と溢れるとろける果汁の味わいが口いっぱいに広がります。


先行して8月4日より、このフルーツわらびを使った新メニュー「リンゴとマンゴーのわらび餅ソーダ」を、西陣本店の京町家茶房宗禅カフェにて発売いたします。
澄んだ透明な層と、真夏の太陽を想像させるオレンジの美しい2層からなるコントラストソーダ。

一層目はリンゴソーダ。
ひと口飲むとカルバトスで香りつけされたリンゴの蜜漬けとスッキリと爽やかなソーダが心地よくのどを通ります。そして、ひと際キラめくパイナップルわらび餅の酸味とモチモチ食感が味を変化させます。

2層目はマンゴーソーダ。リンゴとマンゴーの層を分けていたフルーツわらびを割り、特製果汁と合わせると、より一層味わい深いフルーティマンゴーソーダが楽しめ、「フルーツよりフルーツっぽい」と思わず声が上がります。

新しいわらび餅のカタチ「フルーツわらび」とスイーツカクテル「わらび餅ソーダ」。さんさんと太陽が降りそそぐ京都の夏の「涼」におすすめです。

商品概要

商品名    : フルーツわらび
種類     : マンゴー、パイナップル、キウイ、グレープフルーツ
価格     : 1箱378円(税込)
発売予定日  : 2018年8月16日(オンラインショップは、8月12日より先行販売)
販売店舗   : 京都西陣本店・大丸京都店・CoCo Color KYOTO 京都マルイ店、
京都駅前地下街ポルタ「京名菓」CoCo Color KYOTO
商品ページURL: https://souzen.co.jp/fs/souzen/c/fruitswarabi?utm_source=pr&utm_medium=08


*西陣本店限定
新メニュー『リンゴとマンゴーのわらび餅ソーダ』
価格     : 810円(税込)
販売開始日  : 2018年8月4日
商品ページURL: https://souzen.co.jp/fs/souzen/c/menu?utm_source=pr&utm_medium=08

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.