平成最後はマンモス級ボリュームの3種の肉を!伝説のすた丼屋「すたみなマンモス焼肉丼」を発売

更新日:

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークスは、2018年の総決算として3種類の肉を贅沢に使用した『すたみなマンモス焼肉丼』を“いい肉の日”である2018年11月29日(木)より、全国の店舗(一部店舗を除く)にて期間限定販売します。

【期間限定メニュー】すたみなマンモス焼肉丼 980円(税込)

「伝説のすた丼屋」公式ホームページ: http://sutadonya.com/

■マンモスのような迫力!2018年の最終章が始まる!

『すたみなマンモス焼肉丼』は、“年末年始の忙しい時期にスタミナを付けて頑張ってほしい!”という想いから、2018年の最終章として“いい肉の日”(11月29日)に、贅沢に3種類の肉を使用し、特製ダレの濃厚な味わいとマンモス級のボリュームを感じられる商品です。

世間で“ひとり焼肉”や“立ち食い焼肉”などの焼肉ブームが起こっており、同店においても毎月販売している期間限定商品の中でも『すたみなジャンカル丼』や『“絶頂”牛カルビマウンテンDON』など“カルビ”を謳った焼肉系商品が特に好評とのことです。そんな2018年を締めくくるにふさわしい究極の焼肉丼が開発されました。

また、SNS上では“#焼肉女子”というハッシュタグを付けた投稿も増えており、より幅広い客層の方に食べてもらいたいという想いから、ミニサイズも用意されています。

<3種の肉を楽しめる焼肉丼>

この商品は焼肉で定番の3種類の肉をニンニクの芽や玉ねぎと一緒に“特製すたみな焼肉ダレ”を絡めて香ばしく炒め、たっぷりの千切りキャベツをのせた茶碗約3杯分の大盛りご飯の上にこんもりと盛り付けた贅沢な一品です。

肉本来の旨みとジューシーな柔らかさが特徴のアメリカ産の「牛カルビ」、甘みがありプリプリとした食感の「牛小腸(マルチョウ)」、そして食べ応えのある厚切りの「豚カルビ」を合わせて一杯の丼に使用し、焼肉好きにはたまらない丼に仕上げました。

3種類のジューシーな肉(左から牛カルビ・牛ホルモン・豚カルビ)

<“特製すたみな焼肉ダレ”で濃厚な一杯に>

3種類の肉に絡めているタレは、果実の甘みと香味野菜のコクが特徴の、ベースとなる焼肉ダレに“秘伝のニンニク醤油ダレ”を加え、さらにおろしニンニクをたっぷりと混ぜ合わせて、ニンニクのパンチをガッツリ効かせた“特製すたみな焼肉ダレ”です。

同店らしいこってりとした濃厚な味わいで、マヨネーズや別添えでご提供している生卵と絡めて食べると、よりジャンキーでコクがある味わいを楽しめます。

濃厚な一杯

<平成最後の“いい肉の日”は特別な日>

『すたみなマンモス焼肉丼』の発売日は、年に一度の“11(いい)29(にく)の日”、さらに今年は“平成最後のいい肉の日”という特別な日として、11月29日(木)に決定しました。

また同店では、「旨いものを腹いっぱい食べて頑張ってほしい」という想いから、毎月29日に「肉の日キャンペーン」を実施(一部店舗除く)しており、メイン商品である『すた丼』『生姜丼』『すたみなライス』『生姜ライス』『トッピングすた丼』の肉を50%増量して提供しています。

『すたみなマンモス焼肉丼』の発売と「肉の日キャンペーン」で、2018年の最終章を盛り上げていきたいとしています。

『すたみなマンモス焼肉丼』商品概要

販売価格:並 :980円(税込) ※【きゅう(究)】極の【や(焼)】き肉丼
    ミニ:830円(税込)
    定食(『すたみなマンモス焼肉ライス』):980円(税込) ※ミニはありません
発売日 :11月29日(木)~ 期間限定販売
販売店舗:「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」全国各店舗
※下記店舗では販売していません
中野新橋店、み~さんの店、談合坂SA(下り線)店、アリオ橋本店、ダイバーシティ東京 プラザ店、ゆめタウン光の森店、ゆめタウン久留米店

■「伝説のすた丼屋」概要

<“すた丼”とは…>

“すた丼”とは、低温で油通しし余分な脂を溶かし落としつつ旨味を閉じ込めたジューシーで柔らかな豚バラ肉に“秘伝のニンニク醤油ダレ”を絡めて、高火力と中華鍋を操る職人技で一気に炒め上げ、並盛でも茶碗約3杯分もの大盛りご飯の上に盛ったスタミナとボリューム満点の丼ぶりです。

【不動の人気No.1】すた丼 630円(税込)

<「大盛り」×「ジャンク」オンリーワンの商品が支持を集める>

“すた丼”はそのボリュームに定評ですが、お客様の4人に1人は、さらに肉やご飯の増量を注文されています。

昨今、健康系メニューの開発に注力する外食店が多い中、創業時から変わらない「旨いものを腹いっぱい食べて頑張ってほしい」という同店の想いと、メインターゲットである20~40代の男性を中心とした「ガッツリと腹いっぱい食べたい」という需要に応えるべく、今後も大盛りとインパクトを重視した商品開発に注力していきたいとしています。

<「伝説のすた丼屋」の歴史>

“すた丼”は、1971年に東京都国立市に創業された「サッポロラーメン 国立店」で、創業者である店主が『若いやつらに安くて旨いものを腹いっぱい食べさせてやりたい』という想いを込めて試行錯誤の末に生み出しました。もともとは従業員の“まかない飯”として考案されましたが、常連のお客様の間で噂が広まりラーメン屋のメニューとして販売されるようになりました。その他に類を見ない味とボリュームのインパクトがいつしか口コミで東京多摩地区に広まった後、お客様からの熱い要望により“すた丼”を主力商品とした「名物すた丼の店」が開店しました。

「名物すた丼の店」は、2004年に東京都23区内初となる早稲田店(現在は移転し高田馬場店として営業中)の出店を機に、屋号を「伝説のすた丼屋」に改めました。同社の転機はその2年後、2006年に京浜急行線品川駅高架下にある<品達どんぶり五人衆>内に品川店を出店した際、同店が施設全体の売上の50%以上を占めるという好調な結果となったことを受け、全国展開・海外進出を目標に掲げました。

その後2011年にフランチャイズ事業を開始し、出店は一気に加速し、1999年時点まで3店舗だった同店は、関東一都三県を中心に店舗展開していましたが、2009年以降、関西、東北、北陸、九州、中国地方、北関東、信越へと進出、2017年6月に北海道、2018年4月に静岡県、6月には福島県へ初出店を果たし、現在、日本全国で77店舗を展開しています。

また、2015年5月にアメリカ国内で10店舗を展開する日系スーパーマーケット「ミツワマーケットプレイス シカゴ店」(イリイノ州)内のフードコートに海外1号店のシカゴ店をオープンし、その後、2016年3月に同じく「ミツワマーケットプレイス トーランス店」(カリフォルニア州)内のフードコートに2号店のトーランス店、2017年4月にオープンした3号店目のプレイノ店も「ミツワマーケットプレイス プレイノ店」(テキサス州)のフードコートに出店と、現在海外にも3店舗を展開しています。

<今後の展開>

「伝説のすた丼屋」業態のみならず、現在展開している「デンバープレミアム」や「伝説のステーキ屋」、また2017年4月に新たに立ち上げた「き久好」も含め、全国への店舗展開を目指し、海外展開の計画も順調に進んでいるため、ヨーロッパへの展開も予定しているとのことです。

さらに今後は、ステーキ業態のFC展開を推進するとともに、社内体制整備強化などIPO実現に向けて準備を進めていきたいとしています。

関連キーワードから記事を見る
, , , , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.