ラーメン「どうとんぼり神座(かむくら)」都内5店舗目9/19(金) 「神座 東京ドームシティ店」オープン。オリジナルメニューも登場。

更新日:

ラーメンレストランチェーンを展開する「どうとんぼり神座(かむくら)」(株式会社理想実業 本社:奈良県北葛城郡 代表取締役 布施正人)は、都内5店舗目の店舗となる『東京ドームシティ店』を2014年9月19日(金)11:00にオープンすることを発表した。

神座東京ドームシティ店パース
JR「水道橋」駅西口から東京ドームへと向かう途中の東京ドームシティ「黄色いビル」に2フロア56席でオープンする。

また、神座は外国人からも好評で、昨今も増え続けている訪日外国人のための「神座フラッグシップ店舗(東京旗艦店)」を目指していきたいとしている。

同店は、神座では珍しい1店舗だけの特別メニュー「ドームラーメン(税込990円)※1日30食限定」を提供する。さらに、神座秘伝のスープをベース につくり上げた他に類を見ない逸品「神座風焼きそば(税込500円)」も新登場。神座初のテイクアウト向けオリジナルメニューとなっている。

お子様向けメニューも用意し、お客様の様々なニーズに応えていきたいとしている。

≪店舗概要≫
店舗名: どうとんぼり神座 東京ドームシティ店
所在地: 東京都文京区後楽1丁目3番61号 黄色いビル2階
席数:  56席
営業時間:平日11:00 ~ 23:00 土日祝10:00~23:00
定休日: なし
電話番号:03-3868-0236

■飲食業界不況のなか急成長を続ける神座

「どうとんぼり神座」は、毎年成長を続けており、毎日食べても飽きない味の追求、女性でも来店しやすい店舗開発など、神座独自のビジネス戦略の結果、 2013年度の売上は約50億円に達した。今後の店舗展開に関しては、国内のみならず海外にも展開を予定している。世界のお客様に向け、「3回食べ たらやめられない」神座の味をさらに広く提供していきたいとしている。

「どうとんぼり神座(かむくら)」とは
フレンチレストランのオーナーシェフをしていた布施正人(代表取締役社長)が一念発起し、スープを一年半研究した末に開いたラーメン店。創業は 1986年。創業当時から「おいしいラーメン」は神座の看板メニュー。フレンチでの経験を活かし開発した、門外不出の神座秘伝スープ。その美味しさが 引き立つように、麺の上には白菜というシンプルなラーメンになっている。この「おいしいラーメン」の人気により、大阪・道頓堀に4坪9席からスタートした 店は、1日500杯以上を売り上げる人気店になった。現在は、東京・関西を中心に33店舗を展開している。

© 株式会社 理想実業.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.