ロールアイスクリームファクトリーの新ブランド「STICKY WAFFLE」が広島に登場

更新日:

日本の元祖ロールアイスクリーム専門店「ROLL ICE CREAM FACTORY」(ロールアイスクリームファクトリー)を運営する株式会社トレンドファクトリーは、2020年8月1日(土)、「ロールアイスクリームファクトリー」と、新しく立ち上げたブランド「STICKY WAFFLE」の2店舗を、広島市八丁堀で開業する「スイーツタウン広島」内に同時オープンします。

テレビ取材は130回超、アパレルや映画などとのコラボも多数展開

「ロールアイスクリームファクトリー」は、東京・原宿にて2017年に第1号店をオープン。フレーバーやトッピングを自由に組み合わせることができ、インスタ映えするカラフルな見た目もあって、瞬く間に女性を中心に人気を博しました。最長7時間の待ち時間を記録し、テレビ取材は130回以上。アパレルから映画、化粧品メーカー、ゲームやアニメなど、さまざまな企業とコラボレーションし、着実にファンの裾野を広げています。

1人でも多くの人にロールアイスクリームの魅力を伝えたいと、ポップアップストアを含め全国各地に積極的に出店。このたび、広島に新店舗をオープンすることを決定しました。

また、客層の多様化にともない、「あたたかいスイーツも欲しい」「甘いものだけでなくスナックも食べたい」といったリクエストも増加。お客の細やかなニーズに寄り添いたいと、新ブランド「STICKY WAFFLE」を立ち上げることにしました。

都内でも出店を計画トッピングなどアレンジは自在、食事として楽しめるチーズワッフルも登場

「STICKY WAFFLE」が提案するのは、今までにない“22cm”の超ロングワッフルとなっています。ロールアイス同様、ソースやトッピングは選び放題。自分の好みに合わせて、可愛く美味しくフォトジェニックにカスタマイズできるのが特徴となっています。

チョコレートや生クリームなどを使った甘いワッフルだけでなく、とろりと溶けた、あたたかいラクレットチーズをかけたワッフルなども用意。食事の代わりとしても楽しむことができるようになっています。スティックに刺したスタイルで提供するため、食べ歩きにもぴったりとなっています。

「STICKY WAFFLE」は、広島でのオープンを皮切りに、都内でも出店を計画。タイアップ企画や季節のメニューの発売なども、積極的に行っていく予定となっています。

「ロールアイスクリームファクトリー」および「STICKY WAFFLES」新店舗概要

店舗名:「ロールアイスクリームファクトリー広島・八丁堀店」、「STICKY WAFFLES広島・八丁堀店」
住所:〒730-0032 広島県広島市中区立町1-2 ベルプラザ1階 「スイーツタウン広島」内
アクセス:広島電鉄「八丁堀」駅1分
営業時間:平日:午前11時00分~午後9時00分、土日祝:午前10時00分~午後10時00分
座席数:15席
定休日:不定休

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.