ホテル阪急インターナショナル、総工費約1億1,700万円を投じてバイキング&カフェレストラン「ナイト&デイ」をリニューアルオープン。9月1日より新メニュー登場。

更新日:

ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区茶屋町19-19 総支配人:江山 恭弘)は、6月28日、総工費 約1億1,700万円を投じてバイキング&カフェレストラン「ナイト&デイ」をリニューアルオープンすることを発表した。
ダイニングエリアよりも少し高い、さながら「舞台上」に位置した「劇場型ライブキッチン」で一皿ずつ調理し、出来立てをサービスするメイン料理が好評である。

バイキング&カフェレストラン「ナイト&デイ」 http://bit.ly/1tQr3Mx

■9月からのメニュー 期間9月1日(月)~12月3日(水)
「劇場型ライブキッチン」の人気メニュー「フォワグラと牛フィレステーキのロッシーニ風(写真1)」「じっくり煮込んだやわらかビーフシチュー」は引き続き提供するが、秋限定のジビエなど本格的なメニューが新登場する。世界料理オリンピック銀メダリストのパティシエが監修した「イタリアンドルチェ“AIRティラミス”」もあわせて、お客がオリジナルのフルコースを仕立てるような感覚で楽しむことができる。

≪ライブキッチン新メニュー シェフが一皿ずつ料理≫
・海老と帆立貝柱のヴォロヴァン(写真2)
辛口白ワインと貝の旨味、生クリームを煮詰めたソースを絡めた海老、帆立貝柱をサクサクのパイと一緒に。

・香味野菜でマリネした鹿肉のグリエ(夜のみ)
フォンドヴォーと赤ワイン、胡椒をきかせたソース。丹波栗の甘いピュレとともに。

≪デザート「イタリアンドルチェフェア」を開催≫
・新食感 大人濃厚「AIRティラミス」(写真3・4)
「エスプーマ」でムース状にしたマスカルポーネをのせた新「AIRティラミス」
・ズッパイングレーゼ
苺リキュールをたっぷり沁みこませたスポンジとカスタードクリームを交互に重ねたケーキ
・ザクロのムース セミフレッド仕上げ
・ナポリ地方の名物の焼き菓子「サンタローサ」

 

≪その他の新メニュー≫
・ポルチーニ茸とキノコのピッツァ
・タラのボンヌ・ファム風
・豚と白インゲンの煮込み「カスレ」(夜のみ)
・サーモンとトマトクリーム リングイネパスタ
・オニオンスープ、かぼちゃスープ
・野菜のジュレとビーツのムース グラススタイル など

■店舗特徴
・ディナータイムは「ファーストディッシュ」からスタート
テーブルに着いたら、まずはシェフからのおもてなしの一品をプレゼント。
「コンソメロワイヤル オマール海老のビスクを浮かべて」
・様々な用途に対応した“ゾーニング”
窓際にはカップル向けのソファ席、グループ向けには丸型のソファ席
・光の演出“ロマンティックイルミネーション”を展開
昼は陽光が差し込み明るい店内、夜は窓辺のガーデンにイルミネーションの装飾で幻想的な雰囲気

 

■店舗詳細について
【席数】250席
【料金・営業時間】
≪ランチブッフェ≫ 90分二部制 11:00~、13:00~
平 日 大人3,000円・子ども1,800円
土日祝 大人3,300円・子ども1,900円
※土日祝のみ15:00~営業(大人2,700円・子ども1,500円)

≪ディナーブッフェ≫ 120分制
営業時間 17:30~21:00(LO)土日祝は17:00~
平 日 大人4,400円・子ども2,500円
土日祝 大人4,700円・子ども2,700円
※料金は、ソフトドリンク(14種類)の飲み放題・消費税込

【ご予約・お問い合せ】 06-6377-3618(ナイト&デイ直通)

Copyright Hankyu-Hanshin-Daiichi Hotel Group, all rights reserved.

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.