京都四条河原町のカフェ 永楽屋喫茶室に焼き立てのみかさをのせた『みかさパフェ』が登場

更新日:

京菓子・京佃煮の「永楽屋」を運営する株式会社永楽屋は、9月17日(木)より喫茶室にて『みかさパフェ』の販売を開始します。

人気のみかさ(どら焼き)を使った『みかさパフェ』

毎朝焼き立ての永楽屋のどら焼き「みかさ」。そのみかさを丸々1個のせた新作パフェとなっています。

みかさには季節のフルーツとクリームを添えて、パンケーキ風に仕立てています。

グラスの中には、ほうじ茶ゼリー・豆乳のブランマンジュ・グラノーラ・九龍球(クーロンキュウ/フルーツのゼリー)・きなこアイスクリームを重ねて。さっぱり口当たりのよい味わいでまとめることで、みかさの風味を引き立てるようになっています。好みで黒蜜をかけて。

見て楽しい食べて美味しい新感覚の京パフェを作りたいという想いのもと、空間を活かした立体的なスイーツに仕上げました。

商品概要

メニュー名: みかさパフェ
価格   : 税込1,500円
販売期間 : 9月17日(木)より
       ※フルーツは季節により異なります。
HP    : http://cafe.eirakuya.co.jp/ja/menu/58/

『みかさ』とは?

関西ではどら焼きは「みかさ」と呼ばれ親しまれています。奈良の三笠山と形が似ているため、そう呼ばれるようになったとされています。

永楽屋の「みかさ」は焼き立ての風味をお届けするために、毎日朝早くから職人が心を込めて焼きます。蜂蜜を混ぜたしっとりふわふわの生地に、刻み栗入りの粒あんをたっぷりと。そして作り立てが店頭に並べられます。

商品名 : みかさ
価格  : 税込200円
販売期間: 通年
      ※東京店での取り扱いはありません。
      ※大丸梅田店は毎週土曜日の午後12時頃からの販売となります。

永年ご好評いただいている永楽屋自慢の一品「みかさ」。

それを引き立てる、喫茶室限定の特別なパフェに仕上がりました。ぜひ秋の京都で楽しく美味しいひと時をお過ごしください。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.