限定・怪味(かいみ)混ぜそば、好評につき延長。カラシビ味噌らー麺鬼金棒池袋店店長に美味しさの秘密を聞く。

更新日:

「カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(きかんぼう)」池袋店(住所:東京都豊島区、店長:藤田 圭亮)は、2015年3月限定で提供していた「カラシビ怪味混ぜそば」を好評により提供期間を延長した。延長期間は2015年4月22日までを予定しており、23日以降は更にアレンジした新バージョンを提供予定としている。

kaimi_kikanbou

また、同商品は池袋店店長考案のオリジナルメニューであるため、池袋店限定となっており、神田店では提供していない。

「カラシビ怪味混ぜそば」は、2015年流行が期待されている話題の調味料「怪味(かいみ)」をアレンジした期間限定混ぜそばで、同3月1日より3月末までの間、1日限定20食で提供された。
提供開始より話題になり、テレビ取材や各メディアへの露出が増え、同メニューへの注文が殺到。
夕方前には限定数に達してしまうため、希望するお客への提供が困難な状況になっている。また実際に食べた人から「レギュラーメニューにしてほしい」という声も数多く届くという状況をふまえ、提供期間を延長することとなった。

鶏ひき肉、筍、新たまねぎの食感が楽しめる
kaimi_kikambou2

全体を混ぜていただく
kaimi_kikambou3

仕込みの工程が複雑であることから、1日あたりの提供数を増やす予定はないとしている。

「カラシビ怪味混ぜそば」美味しさの秘密

店長の藤田 圭亮さんに美味しさの秘密を少しだけうかがった。

「ご好評いただき誠にありがとうございます。
『カラシビ怪味混ぜそば』は、複雑な工程を経て作られているため現在のところ限定で提供させて頂いております。

まず、昆布でうま味の下味を作っています。これは同混ぜそばの複雑な味を邪魔せずにうま味を出すことができるためです。
そして、うま味と辛みを抽出した香味油を自家製し、ベースの辛みを作っています。
さらにエビ辣油も自家製し、辛さを出しています。
最後にお好みでかける梅肉ソースも自家製なので、工程が多くかなり手間をかけた混ぜそばになっています。

以前からやってみたい味があり、今回はそのためにも勉強になるところがありました。

これからも美味しいラーメンを提供するべく研究を重ねて参りたいと思います。ご来店お待ちしております。」

■「カラシビ怪味混ぜそば」概要
商品名:カラシビ怪味混ぜそば
価格:750円(税込)
提供店舗:池袋店のみ
提供期間:2015年3月1日から4月22日
提供数:1日20食限定

■店舗概要
店名:カラシビ味噌らー麺 鬼金棒(きかんぼう) 池袋店
住所:東京都豊島区東池袋1-13-14
電話番号:03-5396-4202
営業時間:11時~22時
定休日:なし
公式ホームページ:http://karashibi.com/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13171114/
ラーメンデータバンク:http://www.ramenbank.com/shop39696/

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.