【ファーストキッチン】旬を迎えるさつまいも「紅はるか」の甘さや食感を活かしたデザート3商品を発売!

投稿日:2020/09/20 14:41 更新日:

ファーストキッチン株式会社(代表取締役:紫関修所在地:東京都新宿区)では、9月24日(木)より、ファーストキッチン店舗及びウェンディーズ・ファーストキッチンコラボ店舗(一部店舗を除く)にて旬を迎えるさつまいも「紅はるか」の甘さや食感といった素材の良さを活かし、ファーストキッチンこだわりの食材たちと組み合わせたデザート3商品を発売します。

メニュー紹介


■紅はるかの白玉クリームぜんざい 350円
しっとりほくほくの紅はるかと相性抜群の北海道ゆであずき、ソフトクリーム、白玉、黒みつを合わせた商品です。ファーストキッチン自慢の食材が組み合わさった、とっておきの商品です。
※持ち帰りできません。


■紅はるかのポッフェソフト 350円
しっとりほくほくの紅はるかと一口サイズのふわふわミニパンケーキ“ポッフェルチェ”、ソフトクリーム、黒みつを合わせました。やさしい温かさとソフトクリームの冷たさで秋冬の季節にも相性ばっちりな商品です。
※持ち帰りできません。


■黒みつほくほく紅はるか 300円
しっとりほくほくの紅はるかを店舗で素揚げし、黒みつをかけたシンプルな仕立て。デザートとしても、軽食としても楽しめる逸品です。

既存のさつまいもより“はるかに甘い”「紅はるか」とは?

「九州121号」と「春こがね」の交配によって生まれ、2010年に品種登録された蜜芋タイプのさつまいも。加熱すると、しっとりほくほくの食感になり、糖度は60度を超えるといわれています。それまで出回っていた他品種のさつまいもより、甘さ・食感が優れていることから「紅はるか」という名前が付いたそうです。

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2021 All Rights Reserved.