きな粉スイーツブランド【吉祥菓寮】人気のきな粉と本わらび餅を使用の『本わらび餅きな粉ラテ』販売開始!

更新日:

株式会社麦の穂(本社:大阪府大阪市、代表取締役:杉内健吉)が展開するきな粉スイーツブランド「吉祥菓寮」では、人気のきな粉と本わらび餅を使用した新メニュー「本わらび餅きな粉ラテ」を2020年10月7日(水)より販売開始します。

本わらび餅きな粉ラテ

奇跡の食感 × 極上の香り を楽しむ特別な1杯

「本わらび餅きな粉ラテ」は吉祥菓寮のこだわりを詰め込んだわらび餅ドリンクです。テレビなどメディアで多数紹介されている吉祥菓寮で人気の本わらび餅と自家焙煎きな粉を使用しています。すーっと消えてなくなるような奇跡の口どけときな粉の香ばしさを楽しめる特別な1杯に仕上がりました。

■「奇跡の口どけ」本わらび餅
南九州産の本わらび粉以外のでんぷん類は一切使用しない吉祥菓寮の本わらび餅は、ぷるんぷるんなのに口に含むととろけるような食感。「奇跡の口どけ」と表現するにふさわしい本わらび餅です。

■黒色のわらび餅が本物の証
本わらび粉は薄いグレー色。そのため、加熱すると黒に近い色になるのが特徴です。希少な本わらび粉を贅沢に使用したからこそ実現する黒色のわらび餅こそ本物の本わらび餅といえます。

■「極上の香り」自家焙煎きな粉
きな粉は宮城県産の高級品種「ミヤギシロメ」大豆を自家焙煎したものを使用。独自の煎り加減により豆のうま味ときな粉の香ばしさを最大限引き出した同店自家製のきな粉です。

販売価格:650円(税別)
※テイクアウトでの利用、ならびに京都伏見稲荷店では550円(税別)

「本わらび餅きな粉ラテ」取扱い店舗

・祇園本店
・京都四条店
・京都伏見稲荷店
・六本木ヒルズ店
・渋谷MIYASHITA PARK店
※京都四条店、京都伏見稲荷店、渋谷MIYASHITA PARK店ではテイクアウトでも利用できます。

吉祥菓寮について

1934年に創業、日本で初めて節分煎り大豆を商品として販売した「桂華堂」を前身とする「吉祥菓寮」は、良質な国産大豆を使用した自家焙煎きな粉のこだわりスイーツをご提供しています。人気の「焦がしきな粉パフェ」は独特なビジュアルがInstagramなどのSNSで話題となり、「吉祥菓寮 祇園本店」にはパフェを求めて連日多くの人々でにぎわっています。見た目だけではない、きな粉スイーツの美味しさで魅了し続けています。また吉祥菓寮のきな粉に使用している大豆は農家の方の支援を目的とした契約栽培をしています。大豆の新たなサプライチェーンを構築し良質な大豆の生産を拡大させ、きな粉で世界中の人々の食卓に驚きと感動を提供しています。

吉祥菓寮

<吉祥菓寮 店舗情報>
・吉祥菓寮 祇園本店
〒605-0066 京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306
平日:11:00 – 18:00(LO17:30)土日:11:00 – 19:00(LO18:30)
※その他、京都市内に5店舗、東京23区内に2店舗あります。
※営業時間は変更となる可能性があります。

吉祥菓寮ブランドサイト
https://kisshokaryo.jp

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2020 All Rights Reserved.